본문 바로가기

東亜大学石堂博物館

釜山臨時首都政府庁舎を訪れる

東亜大学石堂博物館
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 14,321
  • 東亜大学石堂博物館1
登録文化財第41号、釜山臨時首都政府庁舎、韓国三大大学博物館の一つ。
どれも、東亜大学石堂博物館のことを指している。
臨時政府庁舎と釜山地方検察庁として使用された建物を東亜大学が買い取り、現在の石堂博物館を開館した。近代文化遺産としての歴史的な価値を認められ、2002年に登録文化財第41号に指定された。
  • 東亜大学石堂博物館1
  • 東亜大学石堂博物館2
  • 東亜大学石堂博物館3
石堂博物館は、国宝2点、宝物14点などを含む、約3万点の遺物を所蔵する。2階の展示館でまず博物館の歴史を学び、観覧を始めよう。文字が発明される前の先史時代の遺物から、新石器、青銅器、鉄器、伽倻時代のものまで様々な遺物が展示されており、建物そのものも長い歴史を誇っている。
  • 東亜大学石堂博物館1
高麗時代の華やかな仏教美術を垣間見ることのできる仏教美術室には、様々な仏画や仏像、経典が展示されている。仏教を、宗教ではなく文化の観点から受け入れて発展させた当時の芸術家たちの識見に、感嘆を禁じえない。
  • 東亜大学石堂博物館1
石堂博物館が誇る国宝「東闕図」は、朝鮮時代の遺物が主に展示されている書画室に展示されている。景福宮の東側にある昌徳宮と昌慶宮を詳細に描いた宮中画で、国宝第249-2号に指定されている。昌徳宮と昌慶宮、周囲の殿閣や庭園などが細かく描き込まれており、まるでパノラマを見ているようだ。展示室の壁面全体を占める壮大な規模が目を引く。
  • 東亜大学石堂博物館1
石堂博物館で観覧できるもう一つの宝物に、安重根義士の親筆遺墨がある。
安重根義士が伊藤博文を狙撃した後、旅順での獄中生活の中で残した書道作品200点のうち26点が宝物に指定されて国内で保存されているが、これもその中の一点である。
「見利思義 見危授命」
「利益を見れば義理を考え、危険を見れば命を捧げる」という意味で、当時の安重根義士の固い意志が込められた言葉であろう。
  • 東亜大学石堂博物館1
3階の展示館は、臨時首都政府庁舎の記録室となっている。石堂博物館が臨時首都政府庁舎として使われていた時代の屋根の骨組みや部材が展示されているスペースだ。歴史的な建物の保存方法から将来の活用法まで提案しており、空間の再解釈と再生建築のモデルケースとして評価されている。

先史時代から近代に至るまで、他のどの博物館よりも幅広く展示している石堂博物館。
釜山の歴史、ひいては韓国の悠久の文化を体験できる絶好の場所だ。

利用案内
  • 住所

    釜山広域市西区九徳路(クドクロ)225
  • 電話番号

    +82-51-200-8493
  • 休業日

    毎週月曜日、開校記念日、公休日
  • 営業曜日及び時間

    火〜日(休館日を除く)
    09:30〜17:00(入場は16:30まで)
  • 利用料金

    無料(駐車料金は有料)
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線土城駅2番出口から徒歩10分
    バス:15、16、40、70、81、123、126、161、190番で東亜大学富民キャンパス下車
    駐車:東亜大学富民キャンパス地下駐車場(有料)
  • 手話ガイド
  • 点字ガイド
  • バリアフリー施設
  • 障がい者専用駐車スペース
  • エレベーター
  • バリアフリー化粧室

エチケット

館内では静かに観覧してください。

おすすめ観光スポット

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ 前のページ {{item}} 次のページ 最後のページ

4095604

방문자 통계