F1963

自然、芸術、文化がある都心の中の空間

F1963
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 17,620
  • レビュー 0
  • F19631
誰にでも、「秘密にしたい空間」があるもの。でも、今回は特別に、水営区のそんな隠れたスポットを紹介しよう。複合文化空間、F1963だ。

F1963は、工場を意味する「Factory」の頭文字「F」と、高麗製鋼の工場が初めて建てられた年である1963年の「1963」から名付けられた。2008年まで現役だったワイヤー工場が移転して、その跡地を複合文化空間として活用したスペースだ。
  • F19631
F1963には、様々な見どころがある。大型の古本屋は、感性を刺激するインテリアが特徴。中古書籍だけでなく、かわいい小物や雑貨も並んでいて、いつもにぎわっている。店内のあちこちでは、口コミで訪れた本好きの人々が読書に夢中になっている姿も見られる。
  • F19631
  • F19632
書店を出ると、ほのかなコーヒーの香りに足が止まる。工場で使用されていた資材などをそのままコーヒーバーやテーブルとして活用したコーヒー専門店だ。コーヒー豆を焙煎するお店としてオープンし、現在はカフェとベーカリーを併設している。
  • F19631
その他にも、チェコのビールと料理が楽しめるヨーロッパ風のパブ、韓国のマッコリと肴が味わえる醸造所併設のレストランもある。ガーデニングのレッスンとオーガニック食材が楽しめる園芸のお店は、家庭菜園に関心を持つ人々の人気コースである。
  • F19631
  • F19632
また、文化の香りが感じられるスペースもある。著名な美術家の作品をゆっくり楽しめるだけでなく、様々な展示や公演イベントも定期的に開かれている。
  • F19631
  • F19632
F1963の真ん中には、「天と地と人が出会う開かれた空間」をモチーフにした屋外スペースがある。F1963スクエアと呼ばれており、ハーブガーデンの中を歩きながら思索にふけることができる。定期的に様々な映像作品が上映されたり、イベントが開催される空間でもある。
  • F19631
次は、「音の道」を歩いてみよう。音の道は、ワイヤー製造設備があった工場の床を改造して竹の森が造成された空間で、風に竹の葉がささやく音に身も心も癒される、居心地の良いスペースだ。

自然と芸術、そして人と文化が一つになって誕生した活気に満ちた複合文化空間、F1963。
忙しい日常から抜け出したいなら、ぜひF1963に行ってみよう。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山水営区鴎楽路(クラクロ)123番ギル20
  • 電話番号

    +82-51-756-1963
  • ホームページ

    http://www.f1963.com/jp/
  • 営業曜日及び時間

    月〜日(店舗によって異なる)
    09:00〜21:00(店舗によって異なる)
  • 利用料金

    無料(駐車料金・商品は有料販売)
  • 交通情報

    都市鉄道3号線:望美駅4番出口→マウルバス水営区2に乗り換え→サンジョンアパート下車、徒歩2分
    バス:54番で高麗製鋼下車、徒歩2分
    駐車:F1963駐車場
  • 備考

    車いす使用者用駐車施設、車いす利用可能
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

12799781

방문자 통계