静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り

文・写真 旅行作家 ムン・チョルジン

静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 264
  • レビュー 0
春がもうそこまで来ています。昼は気温もかなり高く、あちこちに春を告げる梅の花が満開になっていて、万物が躍動する春を肌で感じることができます。今年の春は人で賑わう春の花の旅行スポットを訪れるより、静かでのどかな路地裏を巡る旅もいいのではないでしょうか。今日は広安里海水浴場の近くにある民楽洞カフェ通りへ皆様をご案内します。
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り1
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り2
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り3
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り4

路地裏で楽しむカフェ巡り

広安里海水浴場を出発し、民楽洞刺身店通りを過ぎると、右にはマンション群が、左には住宅街の路地が見える。広安里海水浴場は釜山を代表する観光スポットだが、周辺には古くからの住宅街が依然として残っている。一年中観光客で賑わう地域なのに、ちょっと外れただけで観光客があまり関心を持たない路地裏がある。だけどそこに様々なストーリーが秘められていることは、実はあまり知られていない。

民楽洞路地裏巡りのハイライトは、路地の随所に位置する個性豊かなカフェといえる。いつの間にか一つ、また一つ開店したカフェが、今や10店以上に上る。古い路地裏と今風のカフェがコントラストを作り出しつつ、不思議なハーモニーを奏でている。

アプリコット色のタイルでレトロな感性をくすぐる外観が見る人の胸をときめかせる「偶然の本屋」は、落ち着いた路地裏の雰囲気と木目調のインテリアが調和している。まどろむ午後の日差しの下でお茶を飲みながら読書に耽っている人を見ていると、思わず中に入りたくなる。この町でもっとも古い建物だということが一目で分かる「オクチョン湯」の横には、尖った屋根と解放感あふれるガラス張りが印象的な「カフェ・ヴォワザン」がある。銭湯のピクトグラムが描かれた看板に書かれた「コーヒー始めました」という文言に、思わず微笑んでしまう。平屋をリノベーションしてカフェに作り変えた「シュヴァルツヴァルト」も目を惹く外観だ。かなり広い庭に植えられたとんがり木やカフェの内外の装飾が、まるでヨーロッパにいるような印象を与える。
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り1
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り2
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り3
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り4
一ブロックさらに進むと、感性豊かなインテリアと美味しいデザートで客足が伸びている「カフェ・アマンテーア」、コンクリートを剥き出しにした外観でモダンな雰囲気を演出している「ラッドコーヒースタンド」、ホワイト調とウッド調が温かく調和するカフェ「ローエングリン」、グレイグリーン調の柔らかく洗練された雰囲気とエスプレッソの芳醇な香りが漂う「イニゴエスプレッソバー」など、個性豊かなカフェが集まっている。
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り1
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り2
旬の食材の天ぷらがたっぷり載せられた天丼が町で噂の「よいくま」、旬の食材でつくる韓国料理の「ミラクスーパー」など、見逃せないお店がいっぱいだ。


  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り1
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り2
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り3
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り4

色に溺れる

民楽洞路地裏を歩いていて最も印象的に感じるのは、そのカラフルさだ。元々町並みがそうなのか、あるいは最近色を変えたのかは分からないが、韓国の住宅ではあまり見かけない強烈なカラーが、人の視線を釘付けにする。まるでインドや南米のとある都市に立っている錯覚を覚えさせるのだ。路地裏のあちらこちら、まったく予想もしなかったところで出会う強烈な色合いは、民楽洞路地裏巡りの醍醐味の一つだ。

建物全体を黄色一色で塗っている家があったり、最近の流行色のミント色に塗られている建物もある。緑と青、ピンクとオレンジ色など、色の饗宴が随所で開かれる。釜山の路地裏でこれほどカラフルな風景に出会うとは、誰にとっても予想外のはず。これから口コミで広がり、インスタグラムで話題になれば、皆が写真を撮りに集まってくるかもしれない。


  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り1
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り2
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り3
  • 静けさに包まれた路地裏を再発見!春に出かける民楽洞カフェ通り4

レトロな路地裏で思い出遊び

時がさかのぼったような路地裏の風景を見逃すなんてもったいない。ドラマ「応答せよ1988」に出てきそうな2階建ての一軒家がちらほら見え始め、80~90年代の雰囲気が漂う店が目を惹く。色あせた看板が長い年月を物語る小さなクリーニング店、幼年時代親と手を繋いで入ったような町の銭湯、友達と日が暮れるまで遊び回った細い道。まるで映画の撮影場だと言われても信じてしまうくらい、懐かしい昔の風景がそのまま残されている。

高さは大人の胸ほどだろうか。低い塀の向こうに庭全体が見える。梅の花や水仙、椿の花など、春の花がそれぞれ咲き誇っていて、写真が撮りたくてついつい足を止めてしまう。遊び回っているときの子どもたちの声が聞こえないのは残念だが、幼い頃が思い出され、なぜか切ない気分になる。グルメ、デザート、路地裏巡り、フォトスポットなど、これだけ揃っていたら、広安里海水浴場よりもっとホットな観光スポットと言えるのではないだろうか。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市水営区民楽洞一帯
  • 休業日

    店舗によって異なる
  • 営業曜日及び時間

    店舗によって異なる
  • 利用料金

    店舗によって異なる
  • 交通情報

    都市鉄道2号線・広安駅3番出口 徒歩25分
    バス38, 41, 83, 83-1, 41 MBCテレビ局にて下車
    駐車 民楽埋立地公営駐車場
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계