1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう

1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 17,823
  • レビュー 0

オススメコース

1日目:影島大橋 - ヒニョウル文化村/絶影海岸散策路 - 太宗台 - 国際市場/カントン市場 - 龍頭山公園
2日目:海雲台海水浴場 - アクアリウム - 冬柏海岸散策路(ヌリマルAPECハウス) - 五六島スカイウォーク - 二妓台海岸散策路 - 広安大橋

  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 1
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 2
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 3
影島大橋から旅が始まる。影島の玄関口である影島大橋は、1950年代に起きた韓国戦争で家族と生き別れになった人々が、再び出会う日を約束した有名な橋。韓国初の可動橋で、毎日午後2時に橋が跳ね上がるイベントが行われる。
ヒニョウル文化村と村の下にある絶影海岸散策路では、映画のロケ地、こじんまりとしたカフェ、海をバックに記念撮影が楽しめる。
影島に来たら、素敵な海岸の絶景を誇る太宗台にも行ってみよう。晴れた日には、展望台から対馬まで見える。タヌビ列車を利用すれば、太宗台エリアをより快適に楽しめる。
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 1
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 2
国際市場は、映画の舞台になるほど戦争の悲しい歴史が今なお残る場所だ。古着や輸入品などが手頃なお値段で購入できる。お腹がすいたら、近くのカントン市場に足を運んでみよう。味も値段も満足できるおいしいグルメが待っている。
国際市場から徒歩で10分のところに、龍頭山公園がある。釜山のランドマークである釜山タワーの展望台からは、日没の時間になると最高の景色を楽しめる。夕焼けに赤く輝く釜山港、影島、南浦洞、国際市場などのパノラマが一望できる。素敵な夜景を満喫しながら、一日目を締めくくろう。
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 1
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 2
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 3
韓国を代表する海水浴場、海雲台から始まる2日目。韓国を代表する観光地で、たくさんの人々が訪れる場所だけに、周辺には宿泊施設や娯楽施設が集まっている。
釜山を代表するインドアスポットの釜山アクアリウムでは、様々な海洋生物が見られるほか、毎日多彩な水中ショーも楽しめる。
森と海が調和する美しい海岸散策路のある冬柏島。海雲台の端からスタートし、ヌリマルAPECハウスを経てザ・ベイ101に出るコースを歩いても、その逆を辿ってもいい。白い灯台のある展望台からは、広々とした釜山の海と大きな広安大橋が一望できる。
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 1
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 2
釜山の美しい日の出とサンセットが楽しめる五六島。ヘマジ公園とスカイウォークで見られるエメラルド色の釜山の海が美しい。床が透明なガラスになっているスカイウォークでは、スリル満点の散歩が楽しめる。
五六島は、二妓台海岸散策路とつながっている。坂道の続くトレッキングコースだが、海岸を歩きながら美しい景観を満喫できる。
  • 1泊2日で釜山の海岸線を全て巡ろう 1
若者たちの熱気あふれる都心の海、広安里海水浴場でゆっくりひと休み。日が暮れるとライトアップされる「ダイヤモンドブリッジ」広安大橋は、10万個以上のLEDが演出する幻想的な光で広安里の海辺を彩る。

釜山の海岸線をたどる旅。釜山の海の様々な魅力を感じることのできる、充実した1泊2日コースだ。

お勧めコース

影島大橋
1影島大橋
影島大橋にまつわるそれぞれの物語はもう消えてしまったけれど、今もあの時を思い出すと目頭が熱くなる人々がいる。 戦争で家族と生き別れになった時、必ず生き残って影島大橋で会おうと涙ながらに約束したあの場所。

#釜山旅行 #影島大橋 #影島大橋の歴史 #日帝強占期 #影島 #影島旅行 #可動橋 #影島大橋の可動時間 #避難民 #離散家族 #韓国戦争 #釜山影島 #釜山の思い出 #歴史旅行 #釜山の大橋 #旧都心ツアー

ヒニョウル文化村
2ヒニョウル文化村
絶影海岸散策路の急な崖の上に、一風変わった村が見える。海岸の崖の端に、海沿いの狭い路地を中心に小さな家々が密集している。ここは、かつて避難民たちが厳しい暮らしを始めた場所で、現在は村の住民と共生する文化コミュニティとなっている「ヒニョウル文化村」だ。

#自然 #海 #旧都心ツアー #文化芸術村 #海の風景 #絶影海岸散策路 #崖 #階段 #路地 #休暇 #ヒニョウル文化村

絶影海岸散策路
3絶影海岸散策路
釜山と言えば海!でも、海水浴場はもう飽きた?一味違った釜山の海の魅力を見つけに、絶影海岸散策路に行ってみよう!

#釜山 #自然 #海 #海水浴場 #絶影海岸散策路 #海の風景 #海岸散策路 #海女村 #休暇 #ビューポイント #絶影海浪道 #カルメッキル

太宗台遊園地
4太宗台遊園地
緑豊かな森を歩きながら、青い海が一望できる。長い間波に削られて様々な形になった岩の海岸が演出する神秘的な風景を楽しめる、釜山・影島南端に位置する太宗台。「太宗台」の地名は、美しい景色に心奪われた新羅の太宗武烈王が、ここで弓術を楽しんだことに由来するとされる。青い海に囲まれた奇岩怪石、豊かな緑を満喫できる太宗台は、韓国有数の旅行コースでもある。

#釜山旅行 #太宗台 #海岸絶景 #タヌビ列車 #釜山のデートコース #家族とともに #最高の写真 #影島灯台 #灯台ツアー #ビューポイント #インスタスポット

国際市場
5国際市場
釜山の方言に、「トテギ市場のようだ」という言葉がある。「とても賑やかな雰囲気」ぐらいの意味だが、この「トテギ市場」が、実は国際市場の旧名だ。賑やさの代名詞になったほど、モノと人であふれかえっている。

#釜山旅行 #釜山観光 #市場 #国際市場 #伝統市場 #映画国際市場 #歴史旅行 #外出 #市場グルメ  #コッブニネ #異色体験 #レトロ #四季 #旧都心ツアー

富平カントン市場
6富平カントン市場
通りの入口から漂ってくるおいしそうな匂いに誘われて、ついつい足が向く。夜になると、おいしそうな匂いはますます濃厚になる。ここは、富平カントン市場だ。 国際市場のお隣、富平カントン市場。 南浦洞一帯を街歩きしていると、国際市場と富平カントン市場を行き来することになる。違いを挙げれば、国際市場は「万物市場」という感じで、富平カントン市場は「グルメ市場」という感じがする。

#釜山旅行 #釜山観光 #市場 #富平カントン市場 #伝統市場 #歴史旅行 #外出 #市場グルメ #異色体験 #レトロ #四季 #釜山グルメ #グルメ #市場粉食 #練り天 #混ぜ春雨 #油揚げの袋詰め #夜市 #原都心ツアー #旧都心ツアー

龍頭山公園
7龍頭山公園
龍頭山公園があるから、釜山に行くって? その通り。最近は、龍頭山公園が釜山を旅する理由になっている。 釜山の東部に海雲台があれば、中部ではやはり南浦洞が一番の観光スポットで、その中でも龍頭山公園は釜山を代表するランドマークだ。

#釜山 #釜山旅行 #龍頭山公園 #釜山タワー #ランドマーク #釜山夜景 #観光コース #家族旅行 #ビュースポット #ヒーリング #友達とともに #トリックアート #旧都心ツアー #恋人とともに #四季 #デートコース #フォトスポット

海雲台
8海雲台
釜山と言えば、やっぱり海!その中でも、釜山の海の定番と言えば海雲台海水浴場だ。夏はもちろん、一年中、釜山を訪れる観光客なら一度は立ち寄るスポットだ。海雲台海水浴場は、どこよりもダイナミックな釜山の雰囲気が感じられる観光スポットとなっている。

#釜山 #海雲台海水浴場 #冬柏島 #冬柏海岸散策路 #ヌリマル #夏 #散策 #風 #ヒーリング #観光 #休暇 #家族旅行 #海 #海雲台屋台 #ザ・ベイ101 #海の旅行

釜山アクアリウム
9釜山アクアリウム
釜山といえば、真っ先に思い浮かぶのは海雲台海水浴場。でも、灼熱の太陽と熱い砂浜が苦手なら、涼しいクーラーのある屋内で遊びたいなら、海雲台海水浴場のもう1つの人気スポット、ゆったりリラックスできるインドアバカンス、釜山アクアリウムを紹介しよう。 シーライフ釜山アクアリウムでは、250種類以上・1万匹以上の海洋生物に出会える。 8つのテーマゾーンと長さ80メートルの海底トンネル、2つのメイン水槽が圧巻だ。

#釜山旅行 #シーライフ釜山アクアリウム #アクアリウム #海雲台の行ってみるべきスポット #室内体験 #釜山アクアリウム #海雲台アクアリウム #海雲台 #水族館 #異色体験

冬柏海岸散策路
10冬柏海岸散策路
海雲台海水浴場の広々とした海を眺めながら歩いて行くと、砂浜の端に佇む冬柏島に出る。もともと島だったここは、長年にわたる堆積作用で今は陸地とつながっているが、釜山市民の間では今も「冬柏島」と呼ばれている。

#釜山旅行 #海雲台 #ヌリマル #海の風景 #海雲台冬柏島 #椿 #冬柏公園海岸散策路 #つり橋 #人魚像 #APEC #海雲台散策路 #恋人とともに #家族とともに #ウォーキングコース #ビューポイント #カルメッキル

五六島
11五六島

#釜山旅行 #釜山の名所 #五六島 #五六島スカイウォーク #釜山の観光スポット #釜山デートコース #海岸散策路 #トレッキングコース #ビューポイント

二妓台海岸散策路
12二妓台海岸散策路
二妓台は、南区龍湖洞長山峰の山裾の東に広がる 海岸にある美しい岩の別名だ。 「二妓台」という地名は、水営の二人の妓生がここに眠っていることから付けられた。 壬辰倭乱の時、倭軍が水営城の陥落を祝って宴会を開いた際、二人の妓生が酒に酔った倭将と共にここから身を投げて、壮烈な死を迎えたという話が伝わる。 二妓台は軍事作戦地域に指定され立ち入ることができなかったが、1993年から市民に開放された。今は、都心では珍しい鬱蒼とした森が形成されていて様々な野生動物が生息する自然区域として管理されている。海もきれいで、釜山でも指折りの釣り場でもある。

#釜山の観光スポット #釜山旅行 #釜山の名所 #釜山のデートコース #釜山海岸散策路 #二妓台海岸散策路 #おすすめの釜山旅行コース #トレッキング #歩きたい釜山の散歩道 #五六島スカイウォーク

広安里海水浴場
13広安里海水浴場
広安大橋というランドマークと一緒に、釜山を代表する海水浴場の一つである広安里。都心から最も近いビーチで、釜山の若者たちの聖地とも言える場所だ。 全国から集まる人々の味覚を満足させる多彩なグルメの饗宴、海の見えるカフェ、路地裏に点在するユニークな空間、春になると街をピンク色に染める南川洞桜通りなどなど。真っ白な砂浜と青い海はもちろん、広安里には無限の魅力が隠れている。

#釜山旅行 #海 #広安里 #海水浴場 #水辺公園 #夜景 #広安大橋 #マリンスポーツ #バナナボート #サーフィン #パドルボード #カフェ #刺身センター #フォトスポット #家族旅行 #広安里海水浴場 #子ども連れ体験 #夏休み #恋人とともに #自然 #友達とともに #クラフトビール #海の旅行

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계