본문 바로가기

明太子

明太子のある幸せな食卓

明太子
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 13716
  • レビュー 0
明太子が明太(スケトウダラ)の卵であることは、誰でも知っているはず。明太子を塩に漬けて塩辛にしたものが、辛子明太子だ。ごま油をたらしたり、焼き網で焼いたり、好みによってはスープにして食べることもある。地域や調理法によって味は多彩だが、どう食べてもご飯がすすむおかずになる。
  • 明太子1
明太子が生まれたのは日本だと言われているが、実は釜山東区の草梁洞が発祥の地だ。今も草梁洞に残る南鮮倉庫址にまつわる歴史が、その根拠である。1900年に釜山初の倉庫として建てられ、南部最大の物流倉庫の役割をした南鮮倉庫には、韓国で獲れたすべてのスケトウダラが集められたため、「明太庫房」という名前でも有名だった。当時草梁に滞在していた日本人が辛子明太子を口にし、その後日本に戻って釜山の辛子明太子の味を再現したのが、日本で有名な辛子明太子のルーツになったという。
  • 明太子1
そんな歴史的な背景があるからか、釜山は明太子関連企業が韓国で最も多い地域でもある。代表的な釜山のローカル企業に、創業以来20年以上、明太子一筋にこだわってきた代表的なローカル企業もある。食卓に明太子の思い出と幸せを届けることを願って、明太子はもちろん、副材料にも厳しい基準を適用しているそうだ。
  • 明太子1
新しいレシピを開発し続け、多彩なメニューを研究しながら韓国で明太子の普及に取り組んできたこの企業では、韓国唯一の明太子のショールームもオープンした。「明太庫房」で有名だった草梁洞の山腹道路の片隅にある古い住宅を改造して造られ、子ども頃暮らした「あの家」というコンセプトで、思い出と感性を刺激している。
  • 明太子1
  • 明太子2
  • 明太子3
すっきりしたインテリアが特徴の1階のショールームは、食文化関連の展示スペースだ。ここでは、熟成庫に保存されていた様々な種類の明太子が味わえる。シンプルながらも高級感のある個包装された明太子はお土産にぴったり。明太子を買わなくても、ショールームが空いていればいつでも気軽に立ち寄ることができる。
  • 明太子1
  • 明太子2
2階には住宅だった空間がそのまま残されており、居心地がよく歴史を感じる空間だ。予約制のクッキングクラスに申し込むと、トックァ明太子を使った料理を作るセルフクッキングに挑戦できる。クラスが終わったら、自分で作った料理をきれいに盛り付けてその場で食べられる。ほかにも、明太子と相性がいいローカル食材のキュレーションが目を引く。
  • 明太子1
やや高めで希少な食べ物だった明太子が、釜山のローカル企業の取り組みによって身近な食材になった。明太子バゲット、明太子パスタ、明太子入り卵焼きなどの料理だけでなく、手軽に明太子を楽しめるチューブ入り明太子も人気。日本の食べ物だと思っていた明太子が、韓国の食べ物として再び定着するその日まで、明太子を思いっきり楽しもう!

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계