본문 바로가기

貝焼き

口いっぱいに広がる香ばしい海の味

貝焼き
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 14522
  • レビュー 0
  • 貝焼き1
釜山の海を存分に楽しめる料理を挙げるなら、何があるだろうか。色々な料理が頭をよぎる中、貝焼きほど、海の香りたっぷりのグルメはなかなかない。お皿いっぱいに盛られた様々な貝、練炭の上で焼くと漂ってくる海の香り、そして、口いっぱいに広がる香ばしい海の味。口の中に釜山の海を感じる釜山の貝焼きを紹介しよう。
  • 貝焼き1
釜山の貝焼きは、青沙浦や太宗台で食べるのがおすすめ。素朴な海を抱く青沙浦と、荘厳で華麗な絶壁を抱く太宗台で味わう貝焼きは、同じものでも自然の中で食べるだけでもっとおいしく感じる。なかなか会えない友達が来たら一緒に食べたい味とでも言えるだろうか。それほど青沙浦や太宗台の貝焼きの味は格別だ。久しぶりに会ってそれまであったことを話すのに夢中で時間さえ忘れてしまうような日に似合う料理が、貝焼きなのかもしれない。
  • 貝焼き1
  • 貝焼き2
  • 貝焼き3
大きなお皿いっぱいに乗せられた貝を見てみよう。扇子のようなホタテ、手のひらよりはるかに大きいタイラギ、丸みのあるアサリまで、様々な形の貝が並び、キノコ、唐辛子、バターが添えてある。おかずの小皿と一緒に出てくるワカメスープやムール貝のスープは、何度でもおかわりできる。熱々のスープを口に流し込むと、そこはもう海だ。隣りのテーブルから漂ってくる貝を焼くいい香りが、ますます食欲をそそる。
  • 貝焼き1
  • 貝焼き2
貝焼きが初めての人は、どう焼けばいいのか、どのぐらい焼けばいいのか分からないかもしれないが、心配は無用だ。初めての人のために、焼き方から焼け具合まで親切に教えてくれる。網に貝を並べてしばらくすると汁が出てくるが、このタイミングで貝殻と身を分離できるようになる。身の入った塩の効いた貝のスープはアルミホイルの皿に集め、貝殻を蓋にしてタマネギ、キノコなどと一緒に煮込めば出来上がり、のはず。どうしたらいいかわからず困っていると、店員さんが来て上手に食べやすくセットしてくれる。
  • 貝焼き1
  • 貝焼き2
  • 貝焼き3
  • 貝焼き4
いよいよ、焼きあがった貝焼きを味わう。バター、キムチ、酢コチュジャンなどで好みに合わせて味を付け、多彩な味が楽しめる。焼きあがった貝焼きを口に運ぶ。ふっくらした身のしこしこした食感と海の香り、バターの香ばしさが口の中に広がる。そこにお酒を流し込めば、これ以上の幸せもない。貝だけで物足りないなら、海鮮ラーメンを頼もう。それか、韓国でシメはご飯が定番だから、コクのある魚の辛味スープや貝の香りでいっぱいのテンジャンチゲ、貝の汁で炒めるチャーハンもいい。釜山の海で楽しむ貝焼きの醍醐味だ。

静かな波の音と海風が吹いてくる素朴で美しい青沙浦、海辺の砂利の海岸で波の音とにぎやかな雰囲気が楽しめる多大浦、どちらも甲乙つけがたい。貝焼きで釜山の海を満喫してみよう。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계