본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

金井山城マッコリ

口の中に広がる酸味のハーモニー

金井山城マッコリ
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 7,737
  • レビュー 0
  • 金井山城マッコリ1
「金井山城マッコリ」は、韓国民俗酒第1号のマッコリだ。
韓国の数々のマッコリの中で唯一郷土民俗酒に指定されている金井山城マッコリは、今も伝統的な醸造方法を守っている。標高400mの高さにある自然豊かな金井山城村で製造されるマッコリには、天然麹と金井山の岩盤水が使われており、より深い味が楽しめる。
  • 金井山城マッコリ1
金井山城マッコリの歴史は、朝鮮王朝・粛宗王の時代にさかのぼる。かつてより金井山城村は農業に向いていない土地だった。そのため、村人たちは麹やマッコリを作って生計を立てていたそうだ。そんなとき、倭寇の侵攻に備えて金井山城が築かれることになった。築城のためにやって来た労働者たちは、金井山城のマッコリを飲みながら厳しい労働に耐えたという。金井山城の完成後、故郷に帰った人々がその味を忘れられず、自分でマッコリを造り始めた。それが徐々に人気を得たのだそうだ。
  • 金井山城マッコリ1
金井山城マッコリは、今でも金井山城村のマッコリ醸造所で足で麹を踏んで仕込む伝統的な製法にこだわっている。青い袋を敷いて丸くて薄い麹を作る様子が見られるが、整然と並ぶ麹は、まるで大きなホットクのような形をしている。
  • 金井山城マッコリ1
  • 金井山城マッコリ2
  • 金井山城マッコリ3
出来上がった麹は高温の麹部屋で発酵させ、その後、日に当てて乾燥させて水気を完全に蒸発させる。乾燥が終わった麹を、炊きたての強飯、金井山の澄んだ水と一緒に大きな樽に入れて温めると、ぷくぷくと泡が出てきて徐々にお酒の発酵が始まる。
  • 金井山城マッコリ1
  • 金井山城マッコリ2
足で踏んだ麹で作り、数十種類の微生物が独自の味を作り出す金井山城マッコリの最大の特徴は、とろみがあることだ。一般的なマッコリは粘性が弱いため水のような口当たりだが、金井山城マッコリは粘性が非常に強い。また、一般的なマッコリの甘さよりは酸味が強い。そのため、他のマッコリに比べて柔らかく濃厚な味を楽しめる。
  • 金井山城マッコリ1
  • 金井山城マッコリ2
おいしいマッコリがある所には、当然食欲をそそる肴もある。金井山城村にも、マッコリと相性のいい伝統的な肴がたくさんある。代表的なものは、どんぐりこんにゃくと東莱式ねぎのチヂミだ。
香ばしいどんぐりこんにゃくとさわやかな浅漬けキムチは、定番のメニュー。とろみのある金井山城マッコリと甘酸っぱいどんぐりこんにゃくを口に入れると、まろやかな味が口の中に広がっていく。もう一つの定番メニュー、東莱式ねぎのチヂミは、海鮮とわけねぎがたっぷり入っているのが特徴だ。表面はサクサク、中身はしっとりしており、マッコリと一緒に食べるとわけねぎの香りがそのまま伝わってくる。

金井山城マッコリを味わってみたいなら、金井山城村か東莱式ねぎのチヂミ通り、あるいは東莱区にある屋台に行ってみよう。釜山大学のそばの麓にも、金井山城マッコリや東莱式ねぎのチヂミ、どんぐりこんにゃく、カルグクスなどを売るお店がある。釜山大学にマッコリを飲みに行くと、大学のすぐ隣にある森の中でマッコリを楽しむ一生忘れられない特別な体験ができる。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계