본문바로가기

全体メニューを開く

Top

甘川文化村

歴史と文化と芸術の宿る感性あふれる路地

甘川文化村
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 954
  • レビュー 0
  • 詳細情報
  • 地図/周辺観光地
  • 利用案内
  • 旅行写真
  • レビュー
  • BLOG REVIEW
  • 甘川文化村4315
空に届きそうな色とりどりの屋根。
村全体にあふれる温かい雰囲気。
韓国のマチュピチュ、甘川文化村。
  • 甘川文化村4317
今では「韓国のマチュピチュ」と呼ばれるほど美しい風景を誇るスポットだが、その起源は、釜山の悲しい歴史にある。韓国戦争当時、甘川村にやって来た避難民たちが、住みかを求めて斜面を開墾したのがその始まりだった。2009年に「村美術プロジェクト」対象地域に選ばれ、学生、芸術家、住民たちが協力して村の景観を整備し、釜山を代表する観光スポットとして生まれ変わった。
  • 甘川文化村4319
  • 甘川文化村4321
  • 甘川文化村4323
  • 甘川文化村4325
西釜山旅行のランドマークとなった甘川文化村は、体験型の観光地として人気を集めている。村の案内センターで購入できるスタンプマップを辿ると、路地ツアーができる。まずは、入口にある甘川文化村小さな博物館に立ち寄って村の物語を聞き、ツアーを始めてみよう。
  • 甘川文化村4327
  • 甘川文化村4329
  • 甘川文化村4331
  • 甘川文化村4333
路地のあちこちに設置されている造形作品や壁画は、立ち遅れていた甘川村の路地を彩った。それだけでなく、様々な体験ができる工房やギフトショップもある。体験プログラムに参加できる工房もたくさんあるので、自分だけのお土産を作ることもできる。
  • 甘川文化村4335
  • 甘川文化村4337
韓服体験は、甘川文化村を代表する観光体験の一つ。伝統韓服からフュージョン韓服、開化期の衣装まで、様々な衣装をリーズナブルにレンタルできる。星の王子さまがキツネと一緒に村を見下ろすフォトゾーンも有名な観光スポットで、行列ができるほど人気があり、最高の写真が撮れるフォトスポットだ。村の中にいる自分の姿を写真に残したい人は、隣の灯台フォトゾーンに行ってみよう。
  • 甘川文化村4339
  • 甘川文化村4341
迷路のようにつながる路地に、美しいパステルトーンの家々が並ぶ村。波のように曲がりくねった路地に、感性が宿る場所。
甘川文化村を訪れる人々に、星の王子さまだったら、多分こう言ったかもしれない。
「村が美しいのは、これまで村を変えるために努力してきた住民たちや芸術家のおかげだよ」と。

釜山の現代史の傷跡がそのまま残っていた甘川文化村。今では、路地裏にロマンと思い出があふれる感性の宿る村になった。

お役立ち情報

ホームページに訪問したご感想をお寄せください。抽選で記念品をプレゼントします。

エチケット

住民が暮らしていますので、静かに見学し、ゴミは持ち帰るようにしましょう。
ドローンによる撮影はご遠慮ください。
{{tourItem.place}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市沙下区甘内(カムネ)2路203
  • 電話番号

    +82-51-204-1444
  • ホームページ

    https://www.gamcheon.or.kr/
  • 休業日

    年中無休
  • 営業曜日及び時間

    毎日
    09:00〜18:00(3月〜10月)
    09:00〜17:00(11月〜2月)
  • 利用料金

    無料(駐車料金別途)
  • 交通情報

    都市鉄道
    1号線槐亭駅6番出口→マウルバスに乗り換え(沙下1、沙下1-1)→甘井小学校下車、徒歩5分
    1号線土城駅6番出口→マウルバスに乗り換え(沙下1-1、西区2、西区2-2)→甘井小学校下車、徒歩5分
    駐車:甘川第2公営駐車場
  • 備考

    多機能トイレ、車いす使用者用駐車施設
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
{{item.like_cnt}}
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問したこと' : '訪問していない'}} 翻訳する

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계