본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

練り天体験

釜山の歴史とともに楽しむ練り天の物語

練り天体験
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 10,912
  • レビュー 0
釜山の練り天が有名なのは誰もが知っている事実だが、どうして釜山を代表するグルメと呼ばれているのか知っている人は少ない。釜山で練り天が有名になった理由は、釜山の近代史と密接な関連がある。練り天の起源は日本の「おでん」で、江戸時代から庶民の料理として定着した食べ物だ。日帝強占期に、日本と接していた釜山に日本の食文化が最初に入ってきたのがその始まりである。海に面していて主な材料の魚が手に入れやすかったこともある。
  • 練り天体験1
練り天の歴史だけでなく、作り方もみてみよう。
韓国の練り天の歴史は、釜山の練り天の歴史と同時に始まったと言っても過言ではないほど、釜山には様々な練り天工場がある。そのほとんどで「練り天作り体験プログラム」をやっているので、練り天作りに挑戦してみるのもいいかもしれない。
  • 練り天体験1
  • 練り天体験2
練り天の体験館は、どこも原則として電話かホームページを通じて事前に予約する必要がある。実際に体験を始める前に、練り天が作られる工程を細かく説明してくれる。リーフレットを参考にすると、わかりやすい。体験の前に手をきれいに洗い、エプロンと衛生帽を着用すると、先生が練り天を作る時の注意事項などを教えてくれる。先生の言葉や手振りをじっと見つめる子どもたちの目はキラキラ光っている。
  • 練り天体験1
  • 練り天体験2
  • 練り天体験3
習ったとおりに、まず生地をつぶす作業をしなければならない。次に、みじん切り用包丁を使って平らにする。体験している子どもたちの表情がおもしろい。一瞬真剣な顔になったと思うと、またにっこりと笑ってしまう。
次は、適度に広がった練り天の生地に枠を当てて切る工程だ。歪んでしまわないかと、子どもたちの手が慎重に動く。きれいな具を乗せたら、結構それっぽい感じがする。
  • 練り天体験1
  • 練り天体験2
今度は、子どもたちが大好きな練り天ピザを作る時間。ピザの生地のように丸くのばした練り天の生地にソースを塗り、ペパロニやチーズなどのトッピングを乗せる。もう2回目なので、かなり様になっている。美味しいピザが焼きあがるのを想像すると、自然と笑顔になる。
  • 練り天体験1
最後に、完成した練り天をオーブンに入れて焼くだけ。焼き上がるのを待っている時間も、ドキドキワクワクが止まらない。順番通りにちゃんとできたかな。ビデオを見ながらチェックしてみる。自分が作った生地が練り天になるのが楽しみで、画面が変わるたびに集中する子どもたちの姿がとてもかわいい。
  • 練り天体験1
完成品を目の前に喜ぶ子どもたち。本当に幸せそうだ。初めての体験で慣れた手つきではなかったが、それでも教えてもらった通りにうまくできたようだ。練り天を作る工程を勉強したおかげで、釜山の練り天がより身近に感じられる。

体験に参加しなくても、様々な種類の練り天を購入できる販売コーナーがある。ベーカリー形式の販売スペースになっていて、好きな練り天をトレイに乗せてレジで渡すときれいに包装してくれる。一味違った練り天のユニークな姿にびっくりすること間違いなし。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계