본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

タルマジの丘ギャラリーツアー

タルマジの丘ギャラリーツアー
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 14631
  • レビュー 0
「海雲台」というと、どんなイメージが思い浮かぶだろうか。広い砂浜と開けた海、そして砂浜の後ろにそびえ立つ高層ビル群と華やかな夜景、それに負けないぐらい賑やかな人々のイメージが思い浮かぶはず。
ところが、海雲台のお隣のタルマジ峠には、喧騒から離れて芸術作品に触れ、静かに散策が楽しめる場所がある。

20軒ほどのギャラリーが集まり、悠々自適なロマンのある通りを形成するタルマジギャラリー村。
しかし、ギャラリーと聞くとなんだか難しそうで、なかなか中に入れない。勇気を出して飛び込んでも周りの様子ばかり気にして、逃げ出すように出てきてしまうのでは?
そんなふうに、難解で、どこからどう観たらいいのか悩んでしまうギャラリー。そんな人々のために、8月を除く4月から10月まで、「タルマジの丘ギャラリーツアー」が実施されている。

海雲台区庁に電話かインターネットで申し込めば誰でも参加できるギャラリーツアー。大学の先生のわかりやすい解説を聴きながら、タルマジの丘のギャラリーを訪れて芸術作品を鑑賞できる、3時間ほどのツアープログラムだ。縁がないと感じていた芸術が身近になり、いつの間にか作品を楽しんでいる自分に気付く旅だ。
  • タルマジの丘ギャラリーツアー1
  • タルマジの丘ギャラリーツアー2
引率の先生を中心に、三々五々集まってくる人々。散策にぴったりのタルマジの丘のギャラリーツアーに、いよいよ出発。芸術について色々おしゃべりしながら、足取りも軽く最初のギャラリーに到着する。目を引くシンプルな建物と、展示室の壁面を埋め尽くした作品。主に招待展と企画展を通じて作家の情熱を伝える空間で、暮らしに溶け込む大衆美術文化を目指しているギャラリーのようだ。キュレーターの説明はもちろん、運が良ければ展示作家から直接作品について説明を聞くこともできる。
  • タルマジの丘ギャラリーツアー1
  • タルマジの丘ギャラリーツアー2
  • タルマジの丘ギャラリーツアー3
最初のギャラリーを出て、次のギャラリーに移動する。先ほどの余韻がまだ残っていて、タルマジの丘の風景もさっきとは違って見える。常に新しいことを追い求めている二つ目のギャラリーは、幅広い現代美術が理解できる企画展だけでなく、各種のアカデミーが開催される複合文化空間としての役割を強調する。キュレーターの説明を聞くと、見過ごしてしまいそうな現代美術の様々なジャンルに対する新しい観点が生まれてくるようだ。
  • タルマジの丘ギャラリーツアー1
  • タルマジの丘ギャラリーツアー2
次に訪れるギャラリーは、どんなところだろう?早くも期待してしまう。
緑の木々に囲まれ、どこか威厳を感じる外観のギャラリーは、観覧者のためにクラシックな石階段を用意している。開館30周年を迎えたそうで、国内外の巨匠の作品に出会える。シンプルながら重厚な印象の内部の展示空間では、現代美術を代表する作家たちの作品を、わかりやすい解説を聴きながら鑑賞できる。
どのギャラリーも毎月展示内容が入れ替わるので、何回ツアーに参加しても毎回新しい作品が鑑賞できる。多彩な特色のあるギャラリーと、ジャンルの異なる美術作品を半日で観られることが、タルマジの丘ギャラリーツアーの最大の魅力だ。
芸術を楽しむ素敵な自分の姿を見つける旅。タルマジの丘ギャラリーツアーに、ぜひ参加してみよう。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계