본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

テンプルステイ

俗世をしばし離れて、自分自身をみつめる

テンプルステイ
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 8519
  • レビュー 0
  • テンプルステイ1
いつも忙しい日常の中、同じことを繰り返す生活から離れてみたいと思うのは、すべての現代人のロマンで、夢だ。永遠には離れられないのなら、少し勇気を出して、日常からちょっとだけ脱出してみよう。静かな釜山の山麓で心身ともに癒される時間。テンプルステイに出かけよう。
  • テンプルステイ1
  • テンプルステイ2
テンプルステイを体験しに、白楊山にある仙岩寺を訪れた。素朴な魅力のあるオンドル部屋が、この山寺で1泊2日を過ごす場所だ。丹青が塗られていないので古びた感じのする建物の縁側に腰を下ろす。古木と山寺の軒先が織りなすとても韓国らしい美しさに、心も落ち着いてくる。この風景だけでも、もう心身ともに癒されるようだ。
  • テンプルステイ1
  • テンプルステイ2
  • テンプルステイ3
部屋に用意されている大きめの余裕ある生活服を着て白いゴム靴に履き替え、お坊さんと一緒に仙岩寺の境内を一回りする。あちこちに控えめな美しさが感じられ、山寺の美学が伝わってくる。
夕方の供養の後に行われる夜の礼仏の時間。夕暮れの静かな山寺から見上げる美しい空と澄んだ鐘の音が心を癒してくれる。本堂に響き渡る僧侶が叩く木魚の音に合わせて拝む。手を合わせて合掌しながら、新しい決心もしてみる。
  • テンプルステイ1
礼仏が終わると、僧侶とお茶を飲みながら語り合う時間だ。普段お坊さんと話す機会などめったになかったので、話題や雰囲気がとても新鮮だ。茶葉がお湯の中でひらき、苦みのある香りが漂う。そんな中で会話の雰囲気も盛り上がっていく。しばらくためらったが、普段なかなか話せなかった悩みを僧侶に打ち明けてみる。悩みを話すだけでも、なぜだか胸がスッキリする。僧侶のアドバイスも聞けるので、モヤモヤした気持ちがだんだん落ち着いていく。
  • テンプルステイ1
  • テンプルステイ2
  • テンプルステイ3
午前4時、重たく響く鐘の音とともに、昨夜の礼仏とは全く違う雰囲気の早朝の礼仏が始まる。敬虔で神聖な雰囲気の中、雑念を振り払ってみる。いつの間にか沈黙の祈りが本堂を満たしていく。お寺には、なぜだか一つのことに考えを集中させるエネルギーがあるようだ。百八拝を終え、呼吸を整えながら瞑想にふける。森が吐き出す早朝の空気が、静かな瞑想を助けてくれる。目を開けると、胸の中に透明な精気がたくさん入ってきたような気がする。
  • テンプルステイ1
テンプルステイの最後のプログラムは、もう一度のお茶の時間だ。一晩経っただけなのに、なぜか僧侶も自分も少し変わったようだ。少し成長した自分と向き合いながら、テンプルステイは終了する。

関連旅行

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山釜山鎮区白楊山路(ペギャンサンロ)138
  • 電話番号

    +82-51-803-7573
  • 休業日

    年中無休
  • 営業曜日及び時間

    ホームページ参照
  • 利用料金

    ホームページ参照
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線西面駅9番出口→ロッテホテル・百貨店向かいのバス停で17、23番バスに乗り換え→仙岩寺入口下車、徒歩14分
    駐車:仙岩寺駐車場
  • 備考

    多機能トイレ
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계