石仏寺

澄んだ空気の中で散策するのにぴったり

石仏寺
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 16,749
  • レビュー 0
釜山の数多くの風景の中でも、金井山から白楊山に至る稜線は絶景を誇る。そこに、高さ100m以上の岩壁に囲まれたこじんまりとしたお寺、石仏寺がある。
  • 石仏寺1
石仏寺は、その名前からもわかるように、岩石に彫られた石仏がシンボルのお寺だ。
僧侶・曺一鉉(チョ・イルヒョン)が1930年代に創建した寺院で、梵魚寺の末寺である。歴史はそう長くないが、素晴らしい景観のおかげで多くの人々が訪れる場所として有名になった。
  • 石仏寺1
  • 石仏寺2
  • 石仏寺3
石仏寺の景観は、他のお寺とは一風変わっている。
地下から地上へとつながる入口、岩石の間に佇む法堂の姿は、独特な雰囲気がある。
大雄殿の堅固で古風な雰囲気漂う石塔は、旅行者の目を引くに十分。石塔の裏手の上り坂は岸壁につながっており、まるで映画に登場する未知の空間を歩いているような気分になる。
  • 石仏寺1
  • 石仏寺2
  • 石仏寺3
20mから40mの高さのものまである岩に彫られた石仏は、その規模に圧倒される。精巧な仏教美術の醍醐味といえよう。お寺の正面に安置されている十一面観音菩薩立像とその上の弥勒仏座像は、ここを訪れる人々に小さな敬畏すら抱かせる。静かに石仏を眺めていると、うっすらと笑みを浮かべる仏像が、旅人の心まで穏やかにしてくれるような気がする。
  • 石仏寺1
  • 石仏寺2
お寺の内部には、岩壁の両側の四天王をはじめ薬師如来仏像、毘盧舎那仏像が彫られており、八羅漢や釈迦仏像など計29尊の仏像がある。現生に苦しむ衆生のための菩薩とされる観音菩薩立像の慈しみ深い微笑みも見どころだ。
中でも、石仏に囲まれた精巧な弥勒仏はこのお寺の白眉とされる。石仏寺全体が仏教美術の頂点であるといっても過言ではない。
その昔、僧侶・曺一鉉の下で多くの石仏が安置されるようになった石仏寺。
創建者の曺一鉉も、沢山の人々が足を運ぶことになる未来を予言していたかもしれない。
最近、テレビの情報番組で「一枚の美しい写真」として紹介され、話題になったこともある。
  • 石仏寺1
石仏寺を訪れると、そこで出会える風景は数多い。
ご供養の木魚の音の中で熱心に祈願する人々を眺めたり、下界を見下ろして市街地の風景を満喫することもできる。
その中で、ふと、その昔釈迦が説いたという「欲を捨てる」ことの意味を、少しは理解できるようになるかもしれない。

石仏寺は、お寺そのものの風景も非常に美しいが、
そこに辿り着くまでの静かな風景も、旅人にとっては歩く醍醐味が感じられるはずだ。
息の詰まるような都会をしばらく離れ、ひっそりと静まり返った山寺の風景をゆっくりと楽しみたいなら、石仏寺を目指して歩くといいだろう。

エチケット

境内での飲食や販売行為は禁止されています。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市北区万徳(マンドク)ゴゲギル143-79
  • 電話番号

    +82-51-332-1690
  • 休業日

    年中無休
  • 営業曜日及び時間

    常時
  • 利用料金

    無料
  • 交通情報

    公共交通機関なし
    都市鉄道:3号線万徳駅1番出口から徒歩50分
    駐車:石仏寺入口の路面駐車場(狭いので注意)
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

5040365

방문자 통계