본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

灯台ツアー

灯台ツアー
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 16,794
  • レビュー 0
灯台は、船が行き来する航路上に設置され、安全な航海を誘導するための船の信号機のような存在。最近は、ユニークな外観で異色観光スポットの役割まで果たしていて、旅に欠かせない名所になっている。東海と南海に囲まれた釜山で、個性満点の灯台ツアーに出かけよう。
  • 灯台ツアー1
100年を超える歴史を誇り、釜山港の航路を照らし続けてきた影島灯台。現在は展望台もできて観光スポットにもなっている。青い海の奇岩絶壁に立つ影島灯台。ここをバックに写真を撮ると、広々とした影島の海と五六島、そして遠くに望む対馬まで一枚に収めることができる。
  • 灯台ツアー1
灯台島の頂上にある五六島灯台に行くためには、船に乗らなければならない。近くの五六島遊覧船船着場から遊覧船に乗ると、灯台島に行くことができる。岩に造られた階段を登って屋上に上がると、天気の良い日には対馬まで肉眼で見える。対馬が本当に近いことが実感できる。
  • 灯台ツアー1
ここからは、本当にたくさんの灯台が出てくる。海雲台と松亭の間にある小さな港の青沙浦には、双子灯台がある。東海岸灯台ツアーのスタート地点にもなっているここには、昇る太陽のような色の赤い灯台と、波のしぶきのような白い灯台が向かい合って立っている。その姿はまるで恋人同士のようにも見えることから、「夫婦灯台」や「恋人灯台」などとも呼ばれている。
  • 灯台ツアー1
  • 灯台ツアー2
機張蓮花里新岩港にあるチョッピョン(哺乳瓶)灯台。その名の通り哺乳瓶の形をしているこの灯台は、出産を控えた夫婦などに人気のスポットで、安産を祈る祈りが込められている場所だ。反対側には赤いタクピョッ(とさか)灯台がある。「タクピョッ(とさか)」は「公職者」という意味もあるため、酉年だった2017年には、ここ一帯が汚職防止の実践を誓う道として整備されたそう。
  • 灯台ツアー1
  • 灯台ツアー2
大辺防波堤を見守るワールドカップ灯台は、2002年の韓日ワールドカップ4強進出を記念して建てられたという。サッカーボールを胸に抱えた韓国代表サポーター「赤い悪魔」のように見える。遠くに見える外港の沖には、ユニークな形のチャンスン灯台がある。白と黄色の灯台が向かい合って立っており、白い「テコンV灯台」は海の方を向いて漁の安全を祈り、黄色の「マジンガーZ灯台」は防波堤の方を向いて漁師たちの苦労を労わってくれている。
  • 灯台ツアー1
海岸に沿って北の方へ移動してみよう。有名な竹城聖堂の裏手にある竹城灯台が見えてくる。白い建物と赤い屋根は、聖堂の尖塔と見事に調和している。
  • 灯台ツアー1
  • 灯台ツアー2
野球バットの形をしていて、キャップ、ボール、グローブまである野球灯台。2008年の北京オリンピックでの韓国チームの金メダル獲得を記念するために建てられた灯台で、アナゴの刺身タウンで有名な機張七岩港に位置している。その向こうの防波堤を守るカルメギ灯台は、野球のボールをイメージした丸いオブジェの中に、釜山の象徴であるカモメが飛んでいる形になっている。野球灯台とカルメギ灯台は、日の出スポットとしても有名だ。

それぞれの物語がある釜山の灯台。様々な物語がある旅行者の旅の道筋も、きっと明るく照らしてくれるはずだ。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계