본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

アホプ(九)山森

竹の家、機張のアホプ山森

アホプ(九)山森
  • 評価 レーティングの星5.0
  • PV 17,126
  • レビュー 1
  • アホプ(九)山森1
  • アホプ(九)山森2
日帝強占期、解放、そして戦争と工業化の時代を経ても一般開放されず、自然そのままの姿が残されていた森。
400年間世間に公開されることのなかったここは、釜山・機張郡に位置するアホプ山森だ。
「アホプ(九)山森」の名は、九つの谷があることに由来する。
  • アホプ(九)山森1
この森は、2014年に映画『群盗』のロケ地として知られるようになり、2016年に400年間森を管理してきた所有者が一般公開を決定し、訪れることができるようになった。長らくグリーンベルトと水源保護区域に指定されていたため、豊かな自然環境と生態をそのまま留めている。
  • アホプ(九)山森1
チケット売り場を過ぎれば、もうアホプ山への旅は始まっている。散策路には方向案内板が整備されており、矢印を辿って進めば道に迷う心配はない。アホプ山森の中には、竹の群落地をはじめ金剛松、ヒノキ、クヌギなど様々な樹木があり、壮大な森の雰囲気が感じられる。そのうち116本の樹木が、保護樹木に指定されている。
  • アホプ(九)山森1
  • アホプ(九)山森2
様々な樹木の中で、代表的なものはなんといっても竹の群落地である。アホプ山には二カ所の竹林があり、最初に出てくるのがクッの儀式が行われる場所だった孟宗竹林である。鬱蒼とした竹林の中から空を見上げると、竹の隙間から差し込む日差しに目がくらむ。二つ目の竹林は、竹の並木道とも呼ばれる平地竹林である。小道の両側に竹がびっしりと生えており、日差しさえ差してこない。そのため、落ち着いて散策できるパワースポットだ。
  • アホプ(九)山森1
長らく人の手が入っていないひときわ高くそびえ立つ木々の間を過ぎて入口に戻ると、森を管理する家門の宗宅「観薇軒」に出る。「ワラビのような小さな草にも目を配る」という意味が込められた名前の宗宅は、釘を一切使用していない伝統様式の韓屋造りだ。今でも薪のかまどを使っているこの家には、森を管理する家族が暮らしている。
  • アホプ(九)山森1
  • アホプ(九)山森2
アホプ山森散策路を探訪すると、約1、2時間かかる。鼻先をかすめる木の香り、耳に響く鳥の鳴き声、涼しい日陰が、疲れた心を癒してくれる。週末、アホプ山森の古木に囲まれてストレスを吹き飛ばしてみては。

お役立ち情報

必ず水を持参し、歩きやすい靴を履いてください。
虫除け、扇子のレンタルサービス(無料)
団体観光バスをご利用の場合、事前に予約が必要です。

エチケット

ベビーカー、自転車、登山用具(スティックなど)の利用は禁止されています。
植物の採取や毀損、昆虫採集は禁止されています。
ペットの持ち込みは禁止されています。
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    釜山広域市機張郡鉄馬面薇洞(ミドン)ギル37-1
  • 電話番号

    +82-51-721-9183
  • 休業日

    毎週月曜日
  • 営業曜日及び時間

    火〜日
    平日、週末09:00~18:00(最終入場時刻16時30分)
  • 利用料金

    5,000ウォン(5歳以上)
  • 交通情報

    都市鉄道:1号線老圃駅 → マウルバス2-3番に乗り換え → 薇洞村下車
    駐車:アホプ(九)山森駐車場
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계