본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

サーフィン

翼を広げて白い波の上に飛び立とう

サーフィン
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 18,882
  • レビュー 0
波に乗って涼しげに駆け抜けるサーフィンが、新しい趣味として人気を集めている。
大韓サーフィン協会によると、韓国のサーファー人口はたった3年で4倍以上成長し、爆発的な人気を博している。韓国でサーフィンが人気が高まり始めたのは数年前からだが、サーフィン自体が登場したのは1995年で、その歴史は20年を超える。韓国のサーフィンの発祥の地は、ここ、釜山である。
  • サーフィン1
  • サーフィン2
釜山を代表するサーフィンスポットは松亭と多大浦海水浴場で、広安里や海雲台海水浴場でもサーフィンを楽しめる。中でも一番サーファーが集まる場所は松亭海水浴場で、理由は、韓国のサーフィンはそもそも松亭海水浴場で始まったからだろう。松亭が韓国サーフィンの発祥の地となったのは、松亭の海は比較的水深が浅いうえ、波が絶えず打ち寄せるので、サーフィンの練習に最適の場所だったから。そのため、韓国初のサーフィンスクールができたのも松亭で、今でもサーフィン初心者向けのスクールは、松亭海水浴場が最も有名だ。
  • サーフィン1
  • サーフィン2
  • サーフィン3
松亭海水浴場の近くには、たくさんのサーフィンスクールが並んでいる。エキゾチックなインテリアや色とりどりのサーフィン用具にもうワクワクしながら、インストラクターが入水前の準備運動やサーフィンの基本技について説明してくれる。室内でのトレーニングが終わったら、いよいよ海辺に出てみよう。すでに海には白い波に乗るサーファーたちがたくさんいる。砂浜では、初心者がサーフィンの基本姿勢を練習している。まるでヨガ教室のように、ボードの上で様々なポーズを取る様子は見ていて面白い。
  • サーフィン1
  • サーフィン2
  • サーフィン3
2~3時間ほどの基礎教育が終わったら、波に向かって思いっきり走ってみよう。最初はよちよち歩きの赤ちゃんと同じで、ボード上に座っているのが精一杯だが、試行錯誤を繰り返すうちにボードの上に立てるようになる。周りのみんなも、新しいスポーツに挑戦する喜びを満喫している。
  • サーフィン1
どれぐらい経っただろう?いつの間にか、ボードの上に立って波と一つになり始めている。素早くボードの上に立って両腕を横に広げ、白い波に乗って滑る姿は、まるで鳥みたいだ。松亭海水浴場の波の上で、たくさんの「鳥」たちが翼を広げて波を満喫している。
サーフィンは他のマリンスポーツに比べて気軽に楽しめるのがメリット。いつも同じ趣味ばかりで飽きた人は、広々とした釜山の海の波に身を任せてみてはどうだろう。想像以上に日焼けするので、サーフィンをするときは日焼け止めを忘れずに持っていこう。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 利用料金

    サーフィンスクール、用具レンタル、時間によって異なる
  • 交通情報

    松亭海水浴場
    市内バス:185番→クァンオゴル入口で下車、徒歩3分
    東海線: 松亭駅下車、徒歩18分
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계