본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

旅行キュレーション

同伴者
季節
旅行地
位置
全体352

釜山シティツアーバス

クリック数14563   レビュー数0   좋아요1
公共交通機関が便利な釜山だが、移動が多い場合は乗り換えを含めて相当な時間がかかる。効率的に移動時間しながら釜山の観光スポットを巡りたいなら、シティツアーバスを利用してみよう。釜山の全域を快適に旅行できる。 釜山シティツアーバスは2種類ある。釜山駅から広安里・海雲台を経て機張市場までのエリアをカバーし、レッド・グリーン・ブルーラインに分かれている「BUTI」バスと、釜山駅から影島大橋を渡って太宗台と五六島を回り、再び釜山駅に戻ってくる「ジャンボ」バスだ。いずれも釜山駅発となっている。
釜山市 > 東区

荒嶺山トゥルレキル

クリック数14468   レビュー数0   좋아요0
荒嶺山の中腹をたどって区間全体を一周できる自然散策路で、都心の中で森林浴を楽しむことができる嬉しいコースだ。釜山の4つの区にまたがっており、全区間を一周するのに5~6時間ほどかかる。一周するのが難しいなら、区間ごとに歩いてもいい。トゥルレ道はクモの巣のようにつながっているので、区間別のトレッキングも難しくない。
釜山市 > 水営区

影島大橋

クリック数14462   レビュー数0   좋아요11
影島大橋にまつわるそれぞれの物語はもう消えてしまったけれど、今もあの時を思い出すと目頭が熱くなる人々がいる。 戦争で家族と生き別れになった時、必ず生き残って影島大橋で会おうと涙ながらに約束したあの場所。
釜山市 > 影島区

国立海洋博物館

クリック数14416   レビュー数0   좋아요6
釜山と言えば海、海と言えば釜山だが、韓国の海について深く知っている人は、果たしてどれだけいるだろうか。 世界中の海の物語が詰まった国立海洋博物館が、過去と現在、未来の海にいざなってくれる。
釜山市 > 影島区

360°違った魅力!昼と夜で異なる釜山の観光スポット

クリック数14319   レビュー数0   좋아요14
普通の旅行なら、夜は休む時間だ。一日中歩き回り、観て、楽しみ、味わって、体力はもう底をついているはずだから。ゆっくり夕食をとり、デザートまでいただいたなら、出かけるのも面倒になる。最近のように暑い日ならなおさら、誰でも夜になるとへとへとになってしまうはずだ。 でも、釜山を旅するなら、体力を補給してでも夜を楽しむ準備をしなければならない。どんな街よりも素敵な360°違った魅力が、釜山の夜には隠れているからだ。昼間もいいが、夜になるともっと素敵になるスポットが、釜山のあちこちにある。この夜を見逃してしまうなら、釜山を半分しか楽しんだことにならない。『ジキル博士とハイド氏』のように、昼と夜でまったく違う魅力あふれるスポットに、これから一緒に出かけよう。
釜山市 > 機張郡

釜山の日の出スポットを完全制覇

クリック数14301   レビュー数0   좋아요3
新年を迎える前に、人々は最初に日の出旅行を計画する。色とりどりの海がある釜山は、その数ほど多彩な日の出の風景が楽しめる街。毎日同じ太陽が昇るが、見る場所によってその姿も変わる。釜山で楽しめる様々な魅力の日の出スポットを訪ねてみよう。
釜山市 > 海雲台区

灯台ツアー

クリック数14240   レビュー数0   좋아요2
灯台は、船が行き来する航路上に設置され、安全な航海を誘導するための船の信号機のような存在。最近は、ユニークな外観で異色観光スポットの役割まで果たしていて、旅に欠かせない名所になっている。東海と南海に囲まれた釜山で、個性満点の灯台ツアーに出かけよう。
釜山市 > 影島区

加徳島煙台峰

クリック数14232   レビュー数0   좋아요3
加徳(カドク)島という名前は、かつて蔓人参(トドク)が多く自生していたことに由来し、釜山市に属する島の中では最も大きな島だが、西の端に位置しているためあまり知られていない場所でもあった。しかし、加徳島には新石器時代から人が暮らしていたと推定されており、歴史的には壬辰倭乱や日帝強占期など、日本とは長い悪縁で結ばれた島でもある。煙台峰は、島の最も高いところにあり、加徳島の歴史を今に伝えている。
釜山市 > 江西区

絶影海岸散策路

クリック数14016   レビュー数0   좋아요8
釜山と言えば海!でも、海水浴場はもう飽きた?一味違った釜山の海の魅力を見つけに、絶影海岸散策路に行ってみよう!
釜山市 > 影島区

釜山アクアリウム

クリック数13970   レビュー数0   좋아요7
釜山といえば、真っ先に思い浮かぶのは海雲台海水浴場。でも、灼熱の太陽と熱い砂浜が苦手なら、涼しいクーラーのある屋内で遊びたいなら、海雲台海水浴場のもう1つの人気スポット、ゆったりリラックスできるインドアバカンス、釜山アクアリウムを紹介しよう。 シーライフ釜山アクアリウムでは、250種類以上・1万匹以上の海洋生物に出会える。 8つのテーマゾーンと長さ80メートルの海底トンネル、2つのメイン水槽が圧巻だ。
釜山市 > 海雲台区

加徳島

クリック数13958   レビュー数0   좋아요6
絵の中の風景のように眩しく青い海。天恵の自然景観。しかし、今でも癒えない戦争の記憶。 ここは、加徳島だ。 洛東江が長い旅を終えて南海に流れ込む河口。美しい砂の島の向こうに沈む夕日。そして、その上を横切る巨加大橋の素敵な景色がある島。 「知っている分だけ見える」という言葉がある。豊かな自然に隠された、加徳島の悲しい歴史を振り返る時間。今日は、その歴史をたどってみよう。
釜山市 > 江西区

釜山ブリッジツアー

クリック数13922   レビュー数0   좋아요4
もともとは点だった場所だが、人々は点と点を橋でつないだ。点は線になり、新しい道ができた。点と点をつなぐ橋が架かり、人々は、いつでも行き来できるようになった。釜山の橋は、一人寂しい思いをすることに対する思いやりで、愛だ。そのためか、海に架かる橋を見ていると、人の温もりが伝わってくるような気がする。夜になるとその温もりは華やかな光の色に変わり、うっとりするような風景を演出する。釜山を最も釜山らしくする橋を探しに行ってみよう。
釜山市 > 水営区

サンセットツアー

クリック数13901   レビュー数0   좋아요4
海、山、川が調和をなしているのが釜山の最大の魅力。様々な自然環境があるだけに、サンセット、つまり釜山の日没も見る場所によって多彩な姿が楽しめる。
釜山市 > 沙下区

ヒーリングできる釜山の漁村

クリック数13897   レビュー数0   좋아요126
釜山の魅力は多彩な自然環境である。高層ビルが建ち並ぶ大都市であるにもかかわらず、海と川、山と野が身近にある恵まれた自然が、釜山の旅をもっと豊かにしてくれる。 一味違った釜山の旅を楽しみたいなら、加徳島に注目しよう。釜山市民にとってもまだあまり馴染みのない加徳島は、釜山が大都市であることをすっかり忘れてしまうような特別な風景であふれている。特に加徳島に点在する漁村は、日常に疲れた自分に余裕と休息をプレゼントしてくれる最適のヒーリングスポットだ。
釜山市 > 江西区

ダイナミックな草梁

クリック数13844   レビュー数0   좋아요2
釜山には、名所がとても多い。でも、悩まなくていい。まずは、釜山の関門である釜山駅から旅を始めてみよう。駅を出て道を渡ると、チャイナタウンとテキサス通りが目を引く。現代史を貫いた釜山の歴史が息づく草梁イバグキルは、すぐそこだ。曲がりくねった迷路のような道は貧民街を横切り、釜山の過去へと旅行者をいざなう。
釜山市 > 東区

40階段

クリック数13843   レビュー数0   좋아요3
故郷を離れ、40階段に腰かけて泣いていた異邦人たちは、その後どうなったのだろう。 故郷に戻れる日だけを待っていた避難民たちの暮らしの場。その人生の哀歓を感じながら40階段を歩いてみよう。 釜山都市鉄道1号線の中央駅からそれほど遠くないところに、40階段はある。韓国戦争の際、旧釜山駅舎が近くにあったため、全国から集まった避難民たちの生活の中心は、自然と40階段一帯になった。40階段は釜山港の埠頭と高台の貧民街をつなぐ役割をしていたが、戦争中に生き別れとなった家族が再会する場所であり、救援物資が売買される市場でもあった。「釜山に着いたら、40階段で会おう」という言葉だけを信じて、階段の近くで何か月も待っていた人もいるほどだった。厳しい避難生活の哀歓が染み込んだ場所であり、当時ほとんどが釜山駅周辺に住んでいた避難民たちの暮らしの現場でもあった。
釜山市 > 中区

1 2 3 4 5 Next 最後のページ

방문자 통계