Top
  • 同伴者

    #家族

    #両親

    #子ども

    #カップル

    #友人

    #一人

  • 季節

    #

    #

    #

    #

    #四季

  • 旅行地

    #自然

    #歴史

    #文化

    #公園

    #ショッピング

    #体験

    #祭り

    #ウォーキング

    #異色旅行

  • 位置

    #

    #

    #都市

    #その他

全体420

西釜山と東釜山を同時に楽しむ

クリック数19,518   レビュー数0   좋아요0
オススメコース 1日目:太宗台 - 松島海水浴場 - 甘川文化村 - 国際市場/カントン市場 - 龍頭山公園 2日目:広安大橋 - 海雲台海水浴場 - 冬柏海岸散策路 /ヌリマルAPECAハウス - タルマジ道 - 松亭 - 海東龍宮寺

海雲台の使用説明書

クリック数19,502   レビュー数0   좋아요0
誰かが、波を作り出すのが海の仕事だと言った。海の仕事を眺めているだけでも、これまでの悩みやストレスを吹き飛ばすことができる。冬の海は夏とは違って、余裕と静けさそのものである。夏の賑わいは、いつの間にか跡形もなく消えてしまった。海辺は、その夏がまるで嘘だったかのように静まり返っている。そんな時こそが、静かな海の魅力を満喫できる時間である。

釜山旧都心ストーリーツアー

クリック数19,494   レビュー数0   좋아요0
旅には、様々なテーマがある。 グルメを求めて旅するグルメ旅、様々な体験をする体験旅行などなど。そのすべてを満喫できる旅が、釜山旧都心ストーリーツアーだ。グルメ、観光スポット、釜山の物語がすべて詰まっている。ツアーは、中区、西区、東区、影島区一帯を巡るコースとなっている。昔から地域で暮らしてきたお年寄りから話を聞けるのもポイントだ。 旧都心の懐かしい思い出の記憶をよみがえらせ、子どもたちに新しい体験を届ける「物語のある旅」を満喫してみよう。

刺身日和

クリック数19,484   レビュー数0   좋아요0
「おばさん、今日は何がいい?」 「全部新鮮だよ!」 「なら大きいの一匹と、テナガダコのぶつ切りもお願い!」

社稷野球場

クリック数19,457   レビュー数0   좋아요0
釜山と言えば野球、野球と言えば釜山が思い浮かぶほど、熱烈な野球ファンが沢山いる釜山。世界のどんなスポーツファンよりも熱狂的な釜山の人々の野球にかける情熱ゆえに最高の人気球団と言われるロッテジャイアンツのホームスタジアムである社稷野球場には、個性的な応援文化がいくつもある。

国際市場

クリック数19,346   レビュー数1   좋아요1
釜山の方言に、「トテギ市場のようだ」という言葉がある。「とても賑やかな雰囲気」ぐらいの意味だが、この「トテギ市場」が、実は国際市場の旧名だ。賑やさの代名詞になったほど、モノと人であふれかえっている。

タルマジ(月見)キル/ムーンタンロード

クリック数19,327   レビュー数0   좋아요0
海雲台三浦道のスタート地点で、カルメッキル第1コースと第2コースをつなぐ道。 月の出が美しい釜山の人気ドライブコース。 日中は青い海を眺めながら歩き、夜は月の光に照らされて歩く道。 パリにモンマルトルの丘があれば、釜山にはタルマジ(月見)キルがある。

レッツランパーク釜山慶南

クリック数19,318   レビュー数0   좋아요1
数々のテーマパークがある中で、「馬のテーマパーク」ならここ。入口でダイナミックな馬の銅像が迎えてくれる公園、レッツランパーク釜山慶南だ。

牛岩洞ソマク村

クリック数19,287   レビュー数0   좋아요0
光陰矢の如しと言うが、ここだけは時の流れが遅いようだ。密集する古びた小さな家々、その間に伸びる小さな路地。独特な風景がレトロな感性を刺激するが、実は悲しい歴史を秘めている場所だ。そんな、牛岩洞ソマク村に行ってみよう。

温泉川カフェ通り

クリック数19,280   レビュー数0   좋아요0
釜山には桜スポットが沢山ある。海雲台タルマジ峠、南川洞三益ビーチアパート、そして今回紹介する温泉川とカフェ通りも、有名な桜スポットだ。 金井区、東莱区、蓮堤区にまたがる温泉川市民公園は、サイクリングやジョギングを楽しむ市民の憩いの場となっている。だからか、温泉川だけはいつ来ても余裕であふれている。

避難民の哀歓が息づく臨時首都釜山を行く

クリック数19,224   レビュー数0   좋아요0
1950年6月25日未明、北朝鮮の奇襲攻撃により始まった戦争。十分に戦争に備えていなかった韓国は、開戦3日後に首都ソウルが陥落した。南に後退した韓国政府は、1950年8月18日、釜山を避難首都に定めた。それから約70年が過ぎたものの、釜山には当時の痕跡があちこちに残る。歴史と哀歓が息づくその痕跡をたどってみよう。 避乱首都キル 碑石文化村 - 雲が休んで行く展望台 - 崔敏植(チェ・ミンシク)ギャラリー - 汽車の家芸術体験場 - 臨時首都記念館 - 石堂博物館

釜山博物館

クリック数19,219   レビュー数0   좋아요0
「釜山」の名を冠する博物館。 釜山を代表する博物館で、韓国の歴史が詰まっている。 1978年11月に開館した「釜山博物館」は、釜山市民の憩いの場で、旧石器時代の遺物から高麗時代、朝鮮時代を経て近現代に至るまでの釜山の歴史が集約された、大規模な展示館だ。

海の裏に隠れていたグルメの聖地

クリック数19,034   レビュー数0   좋아요0
釜山のメッカ・海雲台と言えばやはり大きな海水浴場が有名だが、最近新たに人気急上昇中の観光スポットがある。海雲台海水浴場近くの高層ビル群ではなく、2〜3階建ての住宅が密集するエリアだ。最近注目されているグルメの聖地、「ヘリダンキル」の魅力を満喫しよう!

白楊山

クリック数19,032   レビュー数0   좋아요0
釜山市沙上区、北区、釜山鎮区にまたがる白楊山は、数ある釜山の山の中でも一番人気の山。登山コースが全体的によく整備されているため、登山だけでなくマウンテンバイクやツーリングを楽しむ人々にも人気だ。子供大公園入口から出発して聖知谷水源池を経由して頂上を目指すコースと、仙岩寺から出発して頂上を目指すコースが代表的なコースだ。

釜山で過ごす一週間

クリック数18,978   レビュー数0   좋아요0
朝、目を覚ますと、海を抱く街があいさつしてくれる場所。 気ままに道を歩いていると、狭い路地の隠れた物語に出会える場所。 あなたの大切な一週間を釜山で過ごすなら?

南浦洞滞在記

クリック数18,934   レビュー数0   좋아요0
平日も週末も賑わっている南浦洞。早朝から活気あふれる釜山を満喫する。南浦洞は、釜山の主な繁華街で、公園、百貨店、伝統市場、主要観光スポットまで揃っている。そのため、地元の人々をはじめ観光客や外国人にも人気だ。 地元の人たちは、光復洞、南浦洞、富平洞をひっくるめて「南浦洞」と認識している。それほど広いエリアにまたがっているので、隅々まで楽しむためには一日中歩き回っても時間が足りないかもしれない。計画的に、最小限の動線で楽しめる南浦洞滞在記を紹介しよう。
방문자 통계