海雲台の使用説明書

海雲台、尾浦、青沙浦をつなぐ三色の海

海雲台の使用説明書
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 18,981
  • レビュー 0
  • 海雲台の使用説明書1
誰かが、波を作り出すのが海の仕事だと言った。海の仕事を眺めているだけでも、これまでの悩みやストレスを吹き飛ばすことができる。冬の海は夏とは違って、余裕と静けさそのものである。夏の賑わいは、いつの間にか跡形もなく消えてしまった。海辺は、その夏がまるで嘘だったかのように静まり返っている。そんな時こそが、静かな海の魅力を満喫できる時間である。
  • 海雲台の使用説明書1
  • 海雲台の使用説明書2
  • 海雲台の使用説明書3
  • 海雲台の使用説明書4
塩辛い海の香りがする。なぜか気持ちが高ぶってくる。遠くには黄金色のじゅうたんを敷いたような広い海辺が見える。近づいてみると、波は岩にぶつかって砕けてしまう。それがどこか懐かしい。波を追いかけてみるが、再び押し寄せる波を避けて逃げるしかない。まるで初恋のように気まぐれな海雲台の海辺には、波を楽しむ人々の笑い声が絶えない。カモメたちは身を丸めて強い風を避けている。こっそりとカモメたちの横に立ってみるが、海の生き物はまるで波のように一定の距離を置くことに慣れているようだ。カモメを捕まえてみようと、息を切らしながら海辺を走る。飛び立つカモメたちは、まるで水平線のように海辺に美しい線を描く。
  • 海雲台の使用説明書1
  • 海雲台の使用説明書2
この風景を目だけで楽しむというのは、誰もが残り惜しいようである。穏やかな海辺の風景を楽しんでいる恋人同士、友人同士、家族たち。彼らは、海をバックにカメラで思い出を残していく。海雲台を楽しむ最後の儀式は、彼らのようにシャッターを押すことだ。
  • 海雲台の使用説明書1
海辺を満喫したら、別の場所に行ってみよう。海雲台が特別な理由は、他のどこよりも海を立体的に楽しめるからだ。方向はどこでもよい。南の冬柏島は、赤い花の道で散策を楽しめる場所で、北の海岸線にも隠れ絶景スポットがたくさんある。海雲台の旅は、海雲台で終わるわけではない。
  • 海雲台の使用説明書1
海雲台の超高層ビルのそばに佇む尾浦浦。ここからは、東海南部線の廃線後に残った鉄道の線路が、青沙浦を経て九徳浦まで続いている。線路に沿って海岸絶壁を曲がると、一枚の絵のような風景が現れる。下には、全てを包容できるように壮大な海が広がっている。午後の日差しに輝く波の上に、どこから来たのか分からない1隻の船が浮いている。
  • 海雲台の使用説明書1
  • 海雲台の使用説明書2
海の風景を後にして再び歩いていくと、いつの間にか純白の灯台と情熱の赤い灯台が向かい合っている青沙浦に到着する。灯台の周辺には釣りを楽しんでいる人々の姿が見える。青沙浦には磯が多いため、一年中釣りを楽しむ人々で賑わう。特にサバが旬の秋になると、これまで以上に多くの人々が押し寄せる。
  • 海雲台の使用説明書1
  • 海雲台の使用説明書2
  • 海雲台の使用説明書3
  • 海雲台の使用説明書4
青沙浦のあちこちにある個性満点のカフェはデートスポットとして人気があり、壁に描かれた壁画を一つずつ探してみるのも面白い。この道をゆっくりと歩いていると、見慣れぬ漁村の風景が垣間見える。無防備に大きく開け放たれたドアの間から、人情あふれる漁村の住民の暮らしがが繰り広げらる様子が見え、見知らぬ異邦人をじっと見つめる子犬の姿もある。
  • 海雲台の使用説明書1
  • 海雲台の使用説明書2
  • 海雲台の使用説明書3
  • 海雲台の使用説明書4
青沙浦を出ると、すぐタリットル展望台が現れる。海面20m上にある展望台には透明な床が設置されており、スリル満点の景色を楽しめる。水面がそのまま見えるガラス張りの床の上を歩いてみると、すぐに恐怖が襲ってくる。ぶるぶると震える足を抑えながら用心深く歩いてみると、空に浮かんでいるような不思議な感覚に囚われる。
その瞬間、南風が額を撫でる。青沙浦と海雲台に降り注ぐ光のことを伝えてくれた風は、悠々と北に向かって走り出す。
  • 海雲台の使用説明書1

お勧めコース

海雲台
1海雲台
釜山と言えば、やっぱり海!その中でも、釜山の海の定番と言えば海雲台海水浴場だ。夏はもちろん、一年中、釜山を訪れる観光客なら一度は立ち寄るスポットだ。海雲台海水浴場は、どこよりもダイナミックな釜山の雰囲気が感じられる観光スポットとなっている。

#釜山 #海雲台海水浴場 #冬柏島 #冬柏海岸散策路 #ヌリマル #夏 #散策 #風 #ヒーリング #観光 #休暇 #家族旅行 #海 #海雲台屋台 #ザ・ベイ101 #海の旅行

青沙浦・尾浦
2青沙浦・尾浦
釜山市内にいながらにして、遠く離れた海辺の村にいるような気分が味わえる「青沙浦」と「尾浦」。その素朴な風景に浸ってみよう。 青沙浦の「青沙」は、文字通り「青い砂」を意味する 。名前を聞いただけでワクワクし、爽やかな気持ちになってくる。都市鉄道「萇山駅」を出たら、丘を越えて道なりに歩き続けると青沙浦入口の交差点に出る。その向こうに、小さな漁村「青沙浦」が見えてくる。丘を登ると姿を現す青沙浦の美しい景色に、思わず目を奪われてしまう。

#釜山旅行 #釜山の海 #海の風景 #ヒーリング #おすすめ旅行 #釜山のデートコース #家族連れ #友達と #青沙浦 #尾浦 #鉄道 #漁村 #灯台 #カフェ #壁画 #壁画村 #フォトスポット #海の旅行

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

6420725

방문자 통계