본문바로가기

全体メニューを開く

검색
닫기
Top

月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由

文・写真 旅行作家 ムン・チョルジン

月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 742
  • レビュー 0
もう、五番目の物語の時間になりました。今日の旅先は、海雲台の旅で見逃せないスポット、月見道です。海雲台の端、尾浦から松亭海水浴場へと続く坂道の月見道は、賑やかな都市から離れ、自然の中で思索と余裕の時間を過ごすことができる癒しのスポットです。晩秋が近づいてくる今日この頃、秋の透き通った青い空と海、そして色とりどりに染まる紅葉が最高に調和する、魅力あふれるスポットです。私たちが秋の海雲台に魅了される理由、月見道へ行ってみましょう!
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由1
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由2
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由3
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由4

月見オウルマダン

海雲台海水浴場からちょっと外れただけで、雰囲気はがらりと変わる。いつの間にか高層ビルに囲まれていたときの居心地の悪さはなくなり、静かで落ち着いた雰囲気に包まれる。てっきり海に沿って道が続いていると思ったら、気づけば木々の茂った森の道に変わっている。月光の下で歩くロマンチックな遊歩道、ムーンタンロードだ。

今日の旅の起点・月見オウルマダンまで、ムーンタンロードに沿って歩くのも良いが、体力を温存させたい方には、公共交通機関か車での移動がおすすめだ。海月亭の建つ月見ヶ丘からそれほど遠くない場所にある月見オウルマダンは、青い東海を背に素晴らしい舞台と客席が、周辺の森と調和している。まるで海上に浮かぶ島のように見える。自然の中に溶け込んでいるので、温かく寛いだ雰囲気が漂い、つい見入ってしまう。月見オウルマダンでは、『月見哲学祭り』と『月見ピョルダルン音楽会』など、色々な文化イベントが随時行われている。月光が降り注ぐ夜は、その美しさが際立つ。満月の日には是非訪れてみよう。


  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由1
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由2
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由3
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由4

思索の小径

月見オウルマダンまで下りて行って舞台と客席を一周し、また月見道に戻ってきた。満月のように丸い形の案内板を過ぎると、すぐ思索の小径が始まる。絶えず通り過ぎる車と人々で賑わう月見道とはうって変わって、この小径はあまりにも静かで、寂寥すら感じられる。月見道からわずか10mしか離れていないのに、まるで別世界のようだ。

たまにランニングや散歩をしている人を見かけるのみ。観光客とすれ違うことはほとんどない。地元の住民だけが訪れる本物の月見道なのだ。小径に入ると、たちまち緑の饗宴が始まる。四方はすべて緑に囲まれている。さまざまな木々から発せられるフィトンチッドが、呼吸とともに体中へ運ばれる。まるで深い森の中に入り込んだような錯覚に陥り、つい何度も周囲を見回してしまう。
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由1
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由2
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由3
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由4
いつの間にか深まった秋を実感する。思索の小径にも、黄色く染まった木の葉があちこちに顔を出している。華やかに彩られた紅葉ではないが、秋を満喫するには十分だ。どこからか聞こえてくる草虫の鳴き声と、かすかに聞こえてくる波の音が、耳をくすぐる。森の道をわずか10分歩いただけなのに、体が軽くなった気分だ。

海雲台海水浴場の近くにこれほど素晴らしい森の道があることを知っている人は、実はそれほど多くない。老若男女問わず誰でも気軽に歩ける平らな道で、所々照明で照らされていて、夜でもかなり安全だ。清々しい気分で散歩を続けたいが、残念ながら森の道は終わってしまい、青沙浦へ続く道路が現れた。もう、月見道に戻ってヘマルへ向かう時間だ。


  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由1
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由2
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由3
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由4

月見道

海月精舎バス停から踵を返して青沙浦入口の交差点へ上った後、再び月見道に合流する道が現れる。青沙浦入口交差点に架けられた橋の上に立つと、二つの灯台が向かい合っている青沙浦と青い海が眼下に広がる。誰でも足を止めて見入ってしまう美しい風景だ。爽やかな海の風に当たりながら汗が引くのを待ったあとで、再び松亭方向に進む。

曲がりくねった月見道を、車が絶え間なく通っていく。月見道は、釜山最高のドライブコースとして広く知られている。道の両脇には桜の並木が続いていて、花見シーズンの春になると、月見道は桜のトンネルに変わる。桜の花びらが散る夜。車で通る月見道は、ロマンチックという一語に尽きる。
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由1
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由2
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由3
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由4
高度が少し高くなると、並木の間から青い海が見え始める。ヘマルへの道の途中、広々とした空間があり、そこには小ぢんまりした展望台が建っている。ついさっきまで深い森を歩いている気分だったのに、今は青い海にそって果てしなくトレッキングしている気分だ。歩いてきた道を振り返ってみると、月見ヶ丘の上に建ち並ぶ建物が、手に触れるように近くに感じる。

次第に西へと傾太陽が、少し光を失っていく頃。ヘマル入口に着いた。柔らかくあたたかな日差しが世界を黄金色に染める時間。月見道も黄色く染まっていく。木製の階段を登れば、今日の最終地点、ヘマルだ。階段を一段ずつ登る度に太陽の高度が時々刻々と変わり、風景も変化する。


  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由1
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由2
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由3
  • 月見道、私たちが秋の海雲台に魅了される理由4

海雲台ヘマル

「日の出を最初に迎える丘の頂上」という意味の「ヘマル」は、月見道の中で最も眺めの良い場所だ。伝統的な亭子様式の2階建ての展望台で、釜山で開催されたAPEC首脳会議を記念して2005年に竣工した。月見ヶ丘はもちろん、青沙浦、海雲台、遠くは五六島まで一望することができる。晴れた日には、日本の対馬までくっきりと見える。

ヘマルに到着すると、太陽は月見ヶ丘の頂上まで高度を下げている。丸い太陽が、放物線を描きながら次第に都心へと落ち、視界から消えていく。光源を失った月見道は、あちこちでぽつぽつと明かりを灯し初め、近づいてくる夜に備えている。亭子の上に立つと、月見の夜景が、360°パノラマビューで広がる。マリーンシティのように華やかではないが、どこかムードのある風景だ。これほど情緒ある風景だから、満月の月見道も見たくなる。

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
  • 住所

    月見道 釜山広域市海雲台区月見道190(月見道観光案内所)
    月見オウルマダン 釜山広域市海雲台区中洞670-1
    青沙浦 釜山広域市海雲台区青沙浦路128ボンギル25
    海雲台ヘマル 釜山広域市海雲台区松亭洞山87-22
  • 休業日

    年中無休
  • 営業曜日及び時間

    常時
  • 利用料金

    無料(駐車料金は別途)
  • 交通情報

    月見道
    都市鉄道2号線・ヘウンデ駅1番出口→海雲台電話局バス停でマウルバスに乗り換え。海雲台区2、海雲台区10→海月亭入口‧ヒールサイド・スーパーバス停にて下車。徒歩5分
    バス100, 139, 141, 200, 39, 1003, 141(深夜) 尾浦‧ムーンタンロード入口にて下車。徒歩10分
    釜山シティツアーバス・ブルーライン海雲台海水浴場にて乗車→ムーンタンロードにて下車
    駐車:海月亭公営駐車場

    青沙浦
    都市鉄道2号線・チャンサン駅7番出口→チャンサン駅バス停からマウルバスに乗り換え。海雲台区10→スーパー前のバス停にて下車。徒歩3分
    駐車:青沙浦公営駐車場

    海雲台ヘマル
    都市鉄道2号線・チャンサン駅7番出口→チャンサン駅バス停からマウルバスに乗り換え。海雲台区10→スーパー前のバス停にて下車。徒歩20分
    駐車:ヘマル駐車場(スペースは限られています/乗用車用7-8面)
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

最初のページ Prev {{item}} Next 最後のページ

방문자 통계