본문 바로가기

コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!

文・写真 旅行作家シン・ギョンミン

コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 659
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!1
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!2
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!3
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!4

影島の不朽の名店、ワールドチャンピオンシップ・ブリュー、Momosロースタリー&コーヒーバー


ワールド・バリスタ・チャンピオンシップの優勝者のチョン・ジュヨンバリスタの名声で広く知られるMomosコーヒー。Momosの2店目のカフェが、影島埠頭にオープンした。Momosの店内に入ると、誰もがその大きな規模に驚かされる。生豆の倉庫と巨大な焙煎室、コーヒー教育空間など、まるで一つの大きなショールームを見ているようだ。スペシャルティが生産される環境とロースターの熱意までもが一気に伝わってくる。寒くない日は、窓を開けて海を見渡すことができるので、釜山ならではの風景を堪能しながらコーヒーを嗜むのもここでの楽しみの一つだ。また、一角には様々なコーヒー関連商品が並んでおり、お土産やプレゼントの購入も可能だ。

釜山広域市影島区ポンレナルロ160
+82-70-5129-0184
毎日9:00~18:00
コーヒーアカデミーの受講料 : プロフェッショナルバリスタトレーニング22回160万ウォンㅣ焙煎8回200万ウォン
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!1

Mini interview –チョン・ジュヨン代表


2007年に温泉場にオープンしたMomosは、今では釜山のコーヒーシーンを象徴するブランドとして定評がある。今までMomosを支え、成長させた核となる哲学といえば?

合理的でかつ価値志向的で、倫理的消費(エシカル消費)を行う集団を意味する「Momos」という名前通り、倫理的で価値志向的な経営哲学を追求してきた。

持続可能な労働環境づくりやコーヒー産地への研修機会の提供など、同業他社の追随を許さない社員の福利厚生に驚く。その他に、モモスを成長させた特長を挙げるとしたら?

一も二もなく「人」だ。Momosの今があるのは、すべて社員のおかげ。確かな信頼が土台となる関係の中で、Momosで一緒に夢と希望を育ててほしい。

過去16年間、Momosを経営する中で危機もあったと思われる。どうやってそれを乗り越えてきたか教えてほしい。

危機は常にある。そのたびに「Momosはなぜ存在するのか」という問いを投げかけてきた。コーヒーにもっと集中できるようにメニューを簡素化し、バリスタの教育にさらに気を配った。コーヒーに真摯な人たちが集まり、危機を乗り越えようとしている。

Momosは、カフェの運営、焙煎、教育、生豆の貿易まで、スペシャルティコーヒーのビジネスモデルを確立している。コーヒーの専門企業Momosの今後の方向性や計画は?

なかなか計画通りにはいかないのが世の常だ。Momosを知らない方もまだ多い。大田の聖心堂のように、釜山といえばMomosが思い浮かぶよう、コーヒー業界においてMomosが誇りになることを目指したい。


  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!1
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!2
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!3
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!4

焙煎マエストロの感覚の鋭さ、NEWSコーヒー


蓮池小学校の路地にオープンしたNEWSコーヒー。ロースティングチャンピオンシップで1位を獲得するなど、数々の受賞歴を誇るキム・ジョンジン代表が営んでいる。店内はヴィンテージな雰囲気に包まれ、飾られた賞状を見ればキム・ジョンジン代表のコーヒー愛がひしひしと感じられる。NEWSコーヒーのすぐ隣の建物は、芳醇なコーヒーの香りが漂う焙煎所があり、カフェの建物の地下はコーヒーに関する教育を行う場所となっている。

コーヒー大会の審査も多く引き受けてきたキム・ジョンジン代表は、コーヒーの味もさることながら、焙煎者の態度も重視する、いわゆるテクニカル審査を行ってきた。コーヒーの達人が淹れる特別なコーヒーが味わいたい時は、NEWSコーヒーへ行ってみよう。

釜山広域市釜山鎮区ヨンジロ24
+82-10-8269-1476
月~土11:00~19:00(ラストオーダー18:30、毎週日曜日定休)
コーヒーアカデミーの受講料 : 初級5回60万ウォンㅣ中級7回100万ウォンㅣ上級9回140万ウォン
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!1

Mini interview –キム・ジョンジン代表


2022年Ikawa Koreaロースティングチャンピオンシップで優勝された。コーヒーの世界に足を踏み入れたきっかけ、NEWSコーヒー(蓮池店)をオープンした経緯が知りたい。

とにかくコーヒーについてしっかり学ぼうと教室を訪れたのは10年前のこと。その後、コーヒーの教育に興味を抱き、きちんとしたコーヒーの文化空間を作るという覚悟でNEWSコーヒーをオープンした。

NEWSコーヒーではスペシャルティ、ロースティング、アカデミー(CVA(COFFEE VALUE ASSESSMENT)、コーヒー価値評価)がすべて行われている。どんなところに重点を置いているのか?

バリスタの意図を忠実に再現するという、基本に忠実なコーヒーを抽出したい。良質の生豆をいかに焙煎するかが味の決め手となる。NEWSコーヒー独自の方法で焙煎し、上質なコーヒーを抽出している。コーヒーアカデミーでは1:1で質の高いオーダーメイド教育を行っている。

NEWSコーヒーが求めるカフェの姿、ロールモデルは?

コーヒーがカフェの中心であるべきだという考えから、他のカフェに比べてスイーツの種類が少ない。他のメニューの開発に力を入れるより、コーヒーの味の多様性を追求している。

NEWSコーヒーの今後の計画、進める方向性について教えてほしい。

NEWSコーヒーのNEWSは、N(north)、E(east)、W(west)、S(south)の略だ。全国にNEWSコーヒーとNEWSコーヒー豆を広めたい。NEWSコーヒーはコーヒーに関する教育の価値を重視している。だからこそバリスタのレベルはかなり高いと自負している。NEWSコーヒーが上質な豆コーヒー市場のリーダーになるまで努力を続けるつもりだ。


  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!1
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!2
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!3
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!4

国を代表するバリスタによる愛の妙薬、cospir(金井区店)


釜山大駅の近くの路地、静かな住宅街に佇み、大きな看板も掲げていない四角い建物が目を惹く。入り口から漂う芳醇なコーヒーの香り、ここは国を代表するバリスタが自らコーヒーを淹れるカフェ、cospirだ。ガラス張りになっていて、挿し込む日差しで店内は柔らかい雰囲気を纏っている。

様々な種類のコーヒー豆を使ってドリップするブリューイングコーヒーの他にも、色々なメニューが楽しめる。Cospirカフェの中にある焙煎機と焙煎する姿が見られる。コーヒーに関する教育活動にも力を注いでいるチョン・ヒョンヨン代表は、コーヒーを愛する人々をコーヒーの世界へ誘う魅力の持ち主だ。

釜山広域市金井区チャンジョンオンチョンチョンロ79番ギル4 1階
+82-70-4400-7942
毎日11:00~19:00 (ラストオーダー18:30)
コーヒーアカデミーの受講料 : 初級4回50万ウォンㅣ深化プログラム5回100万ウォン
  • コーヒーDream、味わって学んで身に付けるコーヒー文化の体験スポット!1

Mini interview –チョン・ヒョンヨン代表

(歴代Brewerの受賞歴:2019 Korea Brewer Cup Champion / 2019 World Brewer Cup 韓国代表/ 2020 Korea Brewer Cup 5位入賞)

コーヒーの世界に足を踏み入れたきっかけやcospirをオープンした経緯について知りたい。

本来の専門分野は料理だが、普段好きでよく飲むコーヒーにもともと関心があった。コーヒーを媒介に他の分野に長けている方々とコーヒーを巡る文化を紹介するブランドを立ち上げようと、「共生」を経営哲学にしてcospirをオープンした。

外観はスマート倉庫、内部はバー、カフェ、展示館など、重層的なインテリアがユニークだ。空間ごとに込められた哲学や価値は?

それぞれの分野で専門分野を持つ人々を紹介するためのスペース構成に重点を置いた。1階の中央にコーヒーバーを置き、一杯のコーヒーを丁寧に淹れるプロセスに没頭できる空間にし、2階はコーヒーを味わいながら思索に耽られる空間だ。

cospirでは、スペシャルティの提供、コーヒーアカデミー、ロースティングがすべて行われている。それぞれどんな点に重点を置いて行われているのか。

すべての過程で一番大切なのは「人」だ。すでにコーヒーのエキスパートとなっているお客様に、新しい体験となりうるスペシャリティを提供し、焙煎過程でさらに差別化できる要素はないか、教育をより快適に受けられる方法はないか、常に考えている。

cospirが求めるカフェの姿、今後のcospirの発展計画、進むべき方向性について教えてほしい。

cospirを訪れるすべての方が、ご自分のことを見つめ、嗜好を発見していってほしい。ロールモデルを挙げるなら、ビューティー関連のブランド「Aesop」、他社とコラボしてシナジーを生み出すブランドだからだ。cospirがコーヒーを媒介にシナジー効果を生み出し、インスピレーションを与える文化を開花させる空間であってほしい。

おすすめ観光スポット

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ 前のページ {{item}} 次のページ 最後のページ

방문자 통계