본문 바로가기

『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅

写真 旅行作家 ペ·ドンジン

『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 1,391
ソウルから400km離れた港湾都市・釜山の多層的な魅力に気付いてもらえたかもしれない。

多岐にわたる分野の中から毎回一つのブランドを選んでその価値を掘り下げるドキュメント・マガジン『Magazine B』が、96番目に韓国第2の都市「釜山(Busan)」編を刊行した。これまで、ベルリン、バリ島、京都など世界の個性的な都市を探求した『Magazine B』が今回スポットを当てた釜山は、どんなところなのか?『Magazine B』が選んだ釜山の穴場スポットを巡る2泊3日の旅に出かけてみよう。


おすすめコース

1日目:Another Mines–Bonobista&bota–クティ蓬莱–ソンイルジプ–Good ol’daysホテル
2日目:60年の伝統ハルメクッパ–DEEP SLEEP COFFEE–Camelandoasis–Movement Lab釜山–Archivépke home–VILLAGE DE ANANTI
3日目:MORUB–ラルフ・ギブソン写真美術館–サムジン練り天–ペックァ牛ミノ焼き–釜山駅

1日目

  • Another Minés
  • Bonovista & Bota
  • クティ蓬莱
  • ソンイルジプ
  • Good ol’daysホテル
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

Another Minés

旅の1日目、トレンディーな西面田浦カフェ通りに行ったら、まず訪れてみるべき場所は2022年8月にオープンしたAnother Mines。エスプレッソだけでも4種類、ドリップコーヒーは6種類あり、風味が格別なスペシャルティコーヒーをベースに上質なコーヒー豆に出会えるのは、蓮山洞で焙煎工場を運営しているショップならではの強みではないだろうか。40坪の比較的広い店内に2人席は12、4人席は5つほどあり、コーヒー関連のセミナーやイベントも頻繁に開催される。Another Minesは、特にスイーツ好きな外国人観光客の人気スポットとして広く知られている。ふわふわして甘いスフレパンケーキは、この店のシグネチャーメニューだ。季節ごとに変わるドリンクやスイーツ、多くの選択肢の中から選んで食べる楽しさを満喫してみよう。

釜山広域市釜山鎮区ソジョンロ38番ギル43-13 2階
毎日12:30~21:30
+82-51-806-2985


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2

Bonovista & Bota

次のスポットは、目と心に「憩い」を与えてくれる空間だ。様々なジャンルの核となる服をセレクト・紹介するヴィンテージ輸入衣料品ショップのBonobistaと、アフリカの植物など馴染みのない海外の植物をスタイリングし、またはプランテリアするbotaがコラボしたBonobista&bota!ここのヴィンテージ雑貨は、2人のオーナーが主に日本で直接収集したもの。ユニークだという口コミを聞いてヴィンテージの洋服を見に来た人が、空気清浄効果のある植物のイオナンタやサンカクアカシア、アブチロンベラに魅了されることが多いという。植木鉢の代わりにスニーカーを使うなど、ユニークな発想やセンスが光るお店。

釜山広域市釜山鎮区田浦大路255番ギル43-10
毎日12:00~19:00


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

クティ蓬莱

影島区釜山大橋の横の路地に入ると、見どころ満載で楽しむものがたくさんある複合文化空間クティ蓬莱が見える。クティ蓬莱のクティとは、釜山の方言で「端の端」という意味。クリエイターとアーティストがビジネスを企画し、コンテンツを展示・販売するとともに、文化の流れを共有・拡散することが、クティ蓬莱の求める価値なのだ。8階建てのクティ蓬莱の1階にあるリムリム、コーヒーやワインを飲みながら植物に囲まれたライフスタイルショップを回った後は、階段で2階のBASCULEに上ってみよう。様々なアーティストやブランドとコラボするセレクトショップで、ブランドの服やグッズにしばし目が釘付けになる。クティ蓬莱の6階には、家具ブランドとのコラボで作られた「ザ休日×DESKER」ワーケーションセンターが、8階にはコミュニティパブのSOUR YEONGDOがあり、Wild Wave Brewingのクラフトビールを味わうことができる。

釜山広域市影島区テギョロ46番ギル46
+82-51-418-7666


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

Good ol’daysホテル

旅行の1日目の疲れを癒す場所は、Good ol'daysホテル。中央駅1番出口から徒歩1分のところにある。Good ol'daysは、Good old daysの略。ホテル1、2階にはカフェがあり、客室は3階から5階までとなっている。全9室の客室には、Good ol'daysのグッズや鉛筆をはじめ、ステーショナリーが陳列され、珍しくターンテーブルも置かれており、アナログ感性が感じられる。消えゆく時間に意味を見出し、今日を思い出に残す旅であってほしいというGood ol'daysホテルの想いが伝わってくる。

釜山広域市中区チュンアンデロ41番ギル 5
+82-507-1326-1798
毎日11:00~22:00


2日目

  • 60年の伝統ハルメクッパ
  • DEEP SLEEP COFFEE
  • Camelandoasis
  • Movement Lab釜山
  • Archivépke Home
  • VILLAGE DE ANANTI
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

DEEP SLEEP COFFEE

水営駅10番出口から徒歩1分のところにあるヒップスターたちの聖地「DEEP SLEEP COFFEE」の経営理念は、「バランスよく、変わらぬ友達のようなコーヒー」。天井が高いため開放感のある店内には、頻繁に絵画や写真の展覧会が開かれ、ちょっとした映画祭も開催される。コーヒーを飲みながらアートを楽しむ複合文化施設として使われているのだ。1階はカフェで、もともとホステルとして使われていた2階にはフラワーショップ「ライル」、ヴィンテージショップ兼アップサイクルストアの「オレオレサララ」、雑誌「KINHAUS」のショールームなどがある。眠気を覚ますために飲むコーヒーを作る空間が「ディープスリープ」という店名だなんて、その逆説的な名もユニークな魅力となっている。

釜山広域市水営区スヨンロ663
毎日11:00~21:00
+82-507-1303-5045


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

Camelandoasis

イラストレーションスタジオ「camelandoasis」は、音楽とイラストが楽しく共存するデザインショップだ。ポスターをもってブランドを支える文化とライフスタイルを表現し、コミュニティ活動を通じて様々な人と嗜好を共有している。デザインとアート商品に熱狂し、音楽とコーヒーを愛する人たちのアジトのような空間でもある。展覧会場、アートショップ、カフェ、音楽ラウンジが融合した新しい文化施設となっている。特にcamelandoasisが運営するカフェ兼ショールームの「ニューポート」は、音楽とコミュニティを大切にする人々のために作られたという。ここで濃いコーヒーを飲みながら、大音量のスピーカーから流れるジャズやソウル音楽に浸るのも、最高の時間の過ごし方ではないだろうか。

釜山広域市水営区ファンニョンサンロ22
月・金・土・日12:00~19:00(火・水・木は定休日)
+82-70-4366-6789


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2

Movement Lab釜山

旅行2日目、真心を込めて展覧会を行うライフスタイルのキュレーションショップ「Movement Lab釜山」を訪ね、海雲台タルマジ峠へ行こう。美しいオーシャンビューが広がる高台のタルマジ道に位置するMovement Lab釜山は、競争力のあるブランドを国内外の市場に紹介し、潜在的な価値をコラボ展示の形でライフスタイルとして提案するキュレーションショップでありセレクトショップ。1階のサーチングゾーンで様々なスタイルのインテリアリファレンスを見て好きなものを見つける事前調査を行い、2階へ移動。キットプレイゾーンで好きな空間レイアウトを構成し、壁や床の仕上げ材の様々な組み合わせを直接目で確認する。そして最後に、Movement Lab空間にスタイリングされた様々な家具を体験する特別な時間を楽しもう。

釜山広域市海雲台区タルマジギル65番ギル148
火~日11:30~19:00(毎週月曜日定休)
+82-70-5217-2341


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2

Archivépke Home

海雲台タルマジ道で必ず行くべきスポットは、白い2階建てで典型的な「ホーム」の情緒を強調するショールーム「Archivépke home」。羊皮素材の靴やバッグ、雑貨を作るKolonのブランドArchivépkeは、価格帯がリーズナブルでデザインがシンプルでありながらアクセントとなる部分がある商品が多く、思わず目を引く。インテリアデザイナー兼リビングスタイリストのソン・ミョンヒ代表取締役によって誕生した空間で、禅スタイルとヨーロッパ風の美感が調和しているのが特徴。ソウル聖水洞に続く2番目のショールームArchivépke homeで、様々なライフスタイルを示すリビングアイテムを触ったりと、幸せな気分に浸ってみよう。

釜山広域市海雲台区タルマジギル117番ラギル106
毎日11:00~20:00
+82-51-746-3262


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

VILLAGE DE ANANTI

二日目の日程の締めくくりは、ANANTI HILTON BUSANの上位バージョン、VILLAGE DE ANANTIはどうだろう。釜山機張オシリア団地にオープンしたVILLAGE DE ANANTIの中心に位置する建物は、「L.P.CRYSTAL」と呼ばれる大規模な複合文化施設だ。ANANTIのシグネチャー商品を販売するライフスタイルショップ「エターナルジャーニー」、ギャラリー、アートブック・ポップアップブックの専門書店、各種セレクトショップ、レストラン、ラウンジがショッピングモールのように並んでいる。敷地面積は約4万8400坪で、単独ヴィラやペントハウス、ANANTI AT BUSANホテルなど392室の多様な客室をはじめ、延べ面積6000坪の複合文化施設、5つのプール、11の屋外広場がある。広々とした海と森に囲まれ、憩いと休養、様々な体験ができる場所。

釜山広域市機張郡機張邑キジャンヘアンロ267-7
年中無休
+82-51-662-7000


3日目

  • MORUB
  • ラルフ・ギブソン写真美術館
  • サムジン練り天
  • ペックァ牛ミノ焼き
  • 釜山駅
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2

MORUB

2017年、(旧)海雲台駅の線路沿いの静かな町に、5坪ほどの小さな店がオープンした。屋根裏部屋に似ているという意味のMORUBは、国内スイーツ市場ではじめて密度の高い日本風キューブパウンドケーキを開発し、単一メニューとして提供している。上質な素材を厳選し、10種類以上の季節のパウンドケーキが並んでいる。屋根裏をイメージした形状で、食べやすい一口サイズが特徴だ。抹茶小豆パウンドケーキ、海雲台パウンドケーキ、黒ゴマクリームチーズパウンドケーキ、栗の渋皮煮パウンドケーキなど、地産地消のパウンドケーキが特に人気を集めている。シグネチャーメニューは、甘くて塩味が絶品の海雲台パウンドケーキと爽やかなレモン汁がたっぷり入ったレモンパウンドケーキだという。

釜山広域市海雲台区ウドン1ロ38番ギル11ウイルマンション1階127号
水~日:11:30~17:00(毎週月・火曜日定休)
+82-507-1467-0337


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅4

ラルフ・ギブソン写真美術館

「シュルレアリスム写真の先駆者」、「光の写真家」と呼ばれるラルフ・ギブソン(1939~)は、ロバート・フランク、ウィリアム・クラインから始まる20世紀の現代写真の流れを汲むアメリカを代表する写真家だ。古隠文化財団がラルフ・ギブソン(Ralph Gibson)の写真と哲学を分かち合う空間「ラルフ・ギブソン写真美術館」を設立したのは2022年10月のこと。2014年に古隠写真美術館がラルフ・ギブソンの回顧展を開催したのがきっかけとなった。地下1階・地上2階の400㎡の美術館には、65年間制作した彼の作品約1000点が所蔵されている。

釜山広域市海雲台区チュンドン1ロ37番ギル10
11月~2月:火~日10:00~18:00/3~10月:火~日10:00~19:00(毎週月曜日定休)
+82-51-747-1939


  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅1
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅2
  • 『B Magazine』が見つけたAgain釜山、Shiny釜山!2泊3日の旅3

サムジン練り天

サムジン練り天・影島本店は、1階はサムジン練り天の販売所、2階は練り天の歴史展示館と体験館となっている。2013年12月13日にオープンしたサムジン練り天・影島本店は、年間来店者数が1,000,000人に上る。カウンター側の電光掲示板にはサムジン練り天の歴史を紹介し、一角にはかわいいミニチュアで昔、練り天を作っていた様子を再現している。昨今のトレンドに合わせて様々な食材を混ぜ合わせた風変わりな練り天が味わえるサムジン練り天本店で、日々トレンディさを増していく練り天の変遷の様子を体験してみよう。

釜山広域市影島区テジョンロ99番ギル 36
毎日9:00~19:00
+82-51-412-5468

おすすめ観光スポット

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ 前のページ {{item}} 次のページ 最後のページ

방문자 통계