본문 바로가기

釜山・江西エリアの旅、日帰りコース

文・写真 旅行作家キム・ドグン

釜山・江西エリアの旅、日帰りコース
  • 評価 レーティングの星未評価
  • PV 2,524
林浪から多大浦まで続く海の風景が釜山の顔なら、江原道太白から始まって太白山脈を流れ、釜山の西部で海に注ぐ洛東江は、釜山を大きく抱く胸と言えます。涼しい川の風に吹かれ、風にささやく葦の声が聴きたいなら、秋の旅に最適な釜山・江西の旅に出かけてみませんか。
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース1
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース2
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース3
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース4

涼しい川の風を感じながら秋の散歩を楽しむ

釜山西部の洛東江の川辺には、それぞれの特色を持つ6つの生態公園があります。この生態公園のうち、あまり知られていませんが自然そのままの姿で愛されている麦島生態公園が、今日の江西の旅のスタート地点です。麦島生態公園は、もともと洛東江の砂が堆積してできた河川敷で、昔から稲作が行われ、冬の渡り鳥が餌をつついてひと休みしていく所でした。麦島生態公園を旅する一番の方法は、歩くことです。公園はそれほど大きくないので、園内をすべてゆっくり歩いて回っても、1時間30分もかかりません。公園の入口にレンタサイクルがあるので、家族や恋人、子どもと一緒にのんびりとサイクリングを楽しむのもいいでしょう。
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース1
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース2
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース3
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース4
初めて麦島生態公園を訪れる旅行者の方におすすめの3つの道があります。1つ目は、堤防の土手道に造られている桜並木と、その下のメタセコイア並木道です。堤防の土手には大きな桜の木とメタセコイアが並んでいて、桜が満開になる春もいいですが、静かに歩きながらのんびりとした時間を過ごすには、秋がぴったりです。
2つ目の道は、洛東江の川沿いを歩く水辺の小道と散策路です。公園から川辺に向かって10分ほど歩くと、散策路と休憩スペースが整備されています。途中途中には洛東江のすぐそばを歩くことのできる箇所もあり、川の風に揺れる葦の音を聴きながら歩くことができます。
3つ目は、生態公園の真ん中の蓮の花畑と水生植物園の間にあるデッキ道です。デッキを辿って歩きながら、様々な水生植物と蓮の花を見つける楽しさがあります。9月になって蓮の花はほとんど散ってしまいましたが、風に漂う蓮の葉を見て歩くだけでも素敵です。


  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース1
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース2

洛東江の「カルミ貝」でお昼ごはん

旅で欠かせないのは、グルメです。その地域産の食材をいただくのは、旅の楽しみでもあります。今回の江西の旅で選んだグルメは、「カルミ貝」です。洛東江の河口は、淡水と海水が入り混じる場所なので、昔から貝がよく獲れました。その中でも、カルミ貝が有名です。カルミ貝は、身がカモメ(カルメギ)のくちばしに似ていることから付いた名前で、味も良いですが、タンパク質とビタミンが豊富でからだにも良い食材として知られています。

カルミ貝ならではの味と食感を引き出す方法は、「カルミ貝のしゃぶしゃぶ」にすることです。スープに様々な野菜を入れてダシを取り、カルミ貝をさっと湯がいて野菜と一緒にいただきます。身がしまっていてあっさりした味が絶品です。カルミ貝を楽しむもう一つの方法は、サムギョプサルと一緒に食べる「カルサムグ」です。新鮮なカルミ貝とサムギョプサルと、様々な薬味を和えて味付けした豆もやしを一緒に焼いて食べる料理で、あっさりしたしゃぶしゃぶとは違って、コクのある多彩な風味を楽しむことができます。


  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース1
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース2
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース3
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース4

野外庭園がきれいなリバービューのカフェでヒーリング

江西の旅を締めくくる一番の場所はどこでしょうか。釜山ビエンナーレ2022が開かれている釜山現代美術館も、眩しい黄金に輝く夕焼けを眺めることができる洛東江の河口もいいですが、きれいな庭園で川からのそよ風に吹かれてコーヒーがいただけるお店はどうでしょうか。リバービューを楽しみながらヒーリングできるとっておきのカフェがあるのでご紹介します。カフェVIAGGIOです。
赤レンガ造りの素敵な外観、様々な彫刻とオブジェ、エキゾチックなヤシの木が調和する野外庭園では、ヨーロッパの小都市にあるカフェにいるような気分が味わえます。特に、夜にはライトアップされてきれいなので、写真を撮るのが好きな旅行者の方には、カフェのあちこちが楽しいフォトスポットになります。
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース1
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース2
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース3
  • 釜山・江西エリアの旅、日帰りコース4
秋の雰囲気を満喫したいなら、川辺の席がいいでしょう。川辺には、洛東江を眺めながらコーヒーがいただける様々な座席があります。日が暮れてライトアップが始まってから、川辺に座って葦の間から吹いてくる秋風を感じてみます。洛東江があるので、釜山の風景はのんびりとしていてぬくもりがあります。空が高く青い日に、釜山の秋を満喫したいなら、釜山・江西の旅に出かけてみてはいかがですか。秋だな、と実感できるはずです。

利用案内
  • 住所

    麦島生態公園 釜山広域市江西区大渚2洞1200-32
    マンホ・ガルミしゃぶしゃぶ 釜山広域市江西区ルノーサムソンデロ602 鳴旨ソンチャン刺身タウン2階 205、206号
    VIAGGIO 釜山広域市江西区シンマンロ164
  • 営業曜日及び時間

    麦島生態公園: 常時
  • 利用料金

    麦島生態公園: 無料
  • 交通情報

    麦島生態公園
    都市鉄道3号線大渚駅1番出口 → 釜山金海ライトレールに乗り換え(沙上方面) → 西釜山流通地区駅1番出口
    → 「西釜山流通地区駅」バス停で江西区13番マウルバスに乗り換え → 「麦島自然生態公園」バス停下車徒歩6分
    駐車:麦島生態公園公営駐車場

    マンホ・ガルミしゃぶしゃぶ
    釜山金海ライトレール西釜山流通地区駅1番出口 → 「西釜山流通地区駅」バス停で江西区13番マウルバスに乗り換え
    → 「鳴旨市場」バス停で江西区20、江西区9-2、江西区17番マウルバス、58-1、520番バスに乗り換え → 「東里」バス停下車徒歩3分
    駐車:鳴旨ソンチャン刺身タウン駐車場

    VIAGGIO
    釜山金海ライトレール仏岩駅1番出口 → 「仏岩洞行政福祉センター」バス停で4、4A番バスに乗り換え → 「シンマン」バス停下車徒歩4分
    駐車:VIAGGIO駐車場

おすすめ観光スポット

{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
{{tourItem.place}} {{tourItem.title}} {{tourItem.distance}}km
登録されたコンテンツはありません.
ルート
出発地
到着
著者サムネイル
{{item.view_nm}}
{{item.cdt}}
評価 レーティングの星 {{item.star_grade}} null
いいね {{item.like_cnt}} null
{{item.visit_yn == 'Y' ? '訪問した場所' : '訪問していない'}}

  • {{itemHashTag}}

最初のページ 前のページ {{item}} 次のページ 最後のページ

방문자 통계